自信をつけ、自尊心を高めて堂々と生きていくには?

「自分に自信が持てない…」

そんな風に思っている人は、

けっこういると思う。

 

「自信」とは、

自分の価値や能力を

信じることだ。

 

また、自信に似た言葉で、

「自尊心」というものもある。

これは、自分の人格を大切に

する気持ちのことだ。

 

自信も、自尊心も、

あるに越したことは無い。

というか、これを持てないと、

堂々と人生を生きるのは

難しい。

 

俺も、ずっと自分に

自信が持てないでいた。

また、「自分なんて…」

と思って、ずっと自尊心が

持てなかった。

 

しかし、これまでの

経験上、自信が持てなくなる

原因を考えると、

どうしたら自信や自尊心を

持てるのか分かってきた。

 

そこで今回は、

どうすれば自信や

自尊心が持てて、

堂々とした人生を

生きることができるか、

話したいと思う。

 

自信が持てない原因

自信が持てない原因は、

いろいろあるが、

「現時点の自分では

敵わないことで

人と比較をしている」

ことや、

「自分の良さを

見つけられていない」

というものがある。

 

「現時点の自分では

敵わないことで

人と比較をしている」

というのは、例えば学校なら、

成績などで自分と他人を

比較して、敵わなくて

自信を無くしているケース。

 

また、社会人なら、

仕事の業績で他人と

比較した場合も

同じだ。

 

学校の成績や

仕事の業績というのは、

現段階で差がついている場合、

中々差を埋めるのは

難しい。

 

つまり、基本的に

勝てない勝負というわけだ。

 

もちろん、ライバルに

追いついていくことも

大切かもしれない。

 

しかし、これらは

あくまで一つの尺度に

すぎない。

 

人間の良さを

知るためには、

他のもいろんな

尺度がある。

 

例えば、学校の成績や、

仕事の業績以外にも、

人の魅力を見出せるものは

数多く存在する。

 

例えば、

「人に対するやさしさ」

は、成績や業績では

はかれない。

 

また、成績や業績が

与えられた物事に

対する評価であるなら、

 

「新しいアイデアを

発想する力」なども、

それらでは

はかれない。

 

だから、成績や

業績以外のことで、

自分が勝負できるものが

1つでもあれば、

自信を持っていいし、

持つことができる。

 

俺の場合、物凄く

学校の成績が良かったり、

会社に入っても飛び切り

業績がいいわけでもなかった。

 

そのため、長いこと自分に

自信を持てなかった。

 

しかし、俺には人一倍

「やさしさ」や「感受性」があって、

音楽を作ることができる。

それが、自信につながった。

 

あなたにも、

成績や業績では

推し量れない、

魅力があるはずだ。

 

どういう良さが

自分にあるか?

落ち着ける環境で

自分に問いかけてみるといい。

 

自尊心を持てない原因

また、自尊心を持てない原因としては、

それを傷つけてくる人と

関わっているということは

あるかもしれない。

 

あなたのことを大切にしない、

自尊心を傷つける発言を

する人には要注意だ。

 

人間、どんなに強い人でも、

嫌なことを言われれば

心が傷つく。

 

なので、関わっていて

自尊心を傷つけてくるような

ことを言う人間とは、

なるべく関わらないように

するといい。

 

もし、それができないなら、

なるべく相手にせず、

意識しないことだ。

 

貴重な自分の人生の時間を、

そのような人間のために

使うのはもったいない。

 

あなたの人生の時間は、

あなたが輝けるために

使うのが一番だ。

 

俺も、これまで

様々な所で自尊心を

傷つけられたことが

あった。

 

俺は音楽をやっているが、

俺の音楽にケチをつけてくる者や、

仕事がうまくできないときに、

沢山叱責されたこともあった。

 

本当に嫌な思いをしたが、

現在はそのようなことを

言ってくる人間との

関わりは絶ったから、

自尊心を保つことが

できるようになった。

 

だからあなたも、

自分の自尊心は

しっかり守るようにして

生きていってほしい。

 

今回のお話が、

少しでも自信や

自尊心を身につける

参考になればと願う。


関連ページ