「彼女できない…」そんな劣等感を克服し、理想の女性に出会う方法

「彼女ができない…」

そんな風に悩み、

劣等感に悩まされている

人はいると思う。

 

俺も、以前はそのような

気持ちが大きかった。

 

恋愛経験は少ない方で、

いつも彼女がいる

ような男には引け目を

感じていた。

 

しかし、そのような劣等感を

克服し、理想の女性に

出会うことはできる。

 

そこで今回は、

なぜそのように

言えるのか、

話したいと思う。

 

まず、最初に

お伝えしたいこと

 

まずあなたに伝えておきたい

ことがある。

 

それは、あなたが将来

きちんと彼女ができ、

結婚し、幸せになる

可能性が非常に

高いということだ。

 

なぜなら、

俺がそうだったから。

 

俺も、恋愛経験なんて

ほとんど無かったけど、

理想の女性と付き合い、

結婚することができた。

 

あなたが、

「彼女ができない…」

と悩んでいるということは、

大いに女性に興味が

あるということ。

 

女性に興味が無い人なら、

そんな風に悩みすら

しないからね。

 

劣等感を感じる間も

無く、自分を磨く

 

あなたが理想の女性に

出会いたいのなら、

まず自分を磨くことが

大切だ。

 

自分を磨くというと、

いろいろあるけど、

一番シンプルなのが、

「目の前のことに

一生懸命取り組む」

ということだ。

 

俺は、妻と出会うまで、

全然女っ気は無かった。

 

しかし、その分、

会社で働いたり、

趣味で音楽制作を

精一杯やったりと、

目の前のことに

一生懸命取り組んだ。

 

そうすると、

自ずと自分自身が

磨かれていく。

 

仕事も、趣味も、

手を抜かずやっていれば、

「彼女ができない…」

という劣等感を

感じる暇はなくなる。

 

少なくとも、

仕事をしっかり

やっているなら、

恋愛をするより

世の中の役に立っている

わけだから、

自信を持っていい。

 

理想の女性を

決めておく

 

目の前のことに

一生懸命に

取り組んだら、

どんな人に出会いたいのか、

理想の女性を

明確に決めておこう。

 

年齢、身長、

髪型、性格

などなど

 

できる限り具体的に

イメージしておければ、

それにマッチした

女性にいずれ

出会うことができる。

 

俺の場合は、

年下で、自分より10cm位背が小さくて、

黒髪で、しっかり者で、

価値観や趣味が合っていて、

自分の夢について来てくれる人で、

…という感じでイメージしていたら、

 

10年くらいしたら

全てにマッチした女性に

出会うことができた。

 

どのタイミングで、

どんな場面で出会えるかは

分からないが、

イメージしている限り

理想の女性を

引き寄せることはできる。

 

怪しい宗教みたいだが、

俺が実体的で

体験したから、

あなたも同じように

出会うことが

できるはずだ。

 

是非、試してみてほしい。


関連ページ