転校前の学校に戻りたいときに気付けるといい、転校するメリット

両親の仕事の都合などで、

転校を経験すると、

「転校前の学校に戻りたい」

と思うことはあると思う。

 

環境は変わるし、

友達は作り直しだし、

何か周りから浮くし…

 

実際、嫌なことはいっぱい

あると思う。

 

俺も小学校5年になったときに

父の仕事の都合で引っ越し、

転校を経験した。

 

また、これは転校では無いが、

小学校を卒業してからも

同じく父の仕事の都合で

引っ越し、新しい環境で

中学校に入った。

 

小学校は兵庫県に住んでいて、

そこから神奈川県に移り住んだ。

方言も違うし、全く新しい環境。

当然のことながら

知っている人は誰もいない。

 

とても不安で寂しく、

辛かった。

 

中学1年のときは、

友達が作れなくて、

 

休み時間は毎回

トイレの個室で

時間が経つのを

待っていたほどだ。

 

だから、転校をして辛い気持ちに

なっているあなたの気持ちは、

けっこう分かる。

 

ただ、それを乗り越えてきた

俺が思うことがあるので、

お話しようと思う。

 

基本的に、どうしようもない

 

引っ越しをしてした以上、

付近の学校に通うことになるのは、

実際のところどうしようもない。

 

今住んでいる家から、

前の学校に通うわけにも

いかないからだ。

 

とはいえ、俺も何度も

前の学校に戻りたいと

思った。

 

小学校4年まで一緒だった

友達と、一緒に卒業したかった。

 

とにかく、やるせない気持ちで

いっぱいだった。

 

でも、基本的に、

戻ることはできない。

 

それなら、どうにかして、

「転校した」という出来事に対し、

良い面を見ていくのが

いいと思う。

 

実際、俺自身、

「こんな経験ができてよかった、

けっこう役に立った」

というものがある。

 

だから、それをあなたに

伝えたいと思う。

 

新しい友達ができた

 

引っ越しをして、

新しい環境になると、

当然そこには

今まで知らなかった人がいる。

 

不思議なもので、

土地が変わると、

何となく住んでいる人の

雰囲気は変わる。

 

俺は、引っ越した先で

何とか友達を作ることが

できた。

 

コツとしては、

「自分はよそから引っ越してきた」

っていうのを意識しないことだ。

 

自分自身がそう思っていたら、

相手も身構えてしまう。

 

友達になるときは、

いちいちそんなことは

気にしない。

 

というわけで、

俺は新しい環境で、

新しい友達ができ、

 

引っ越す前と後で

倍の友達との出会いが

あった。

 

これによって、

転校していない

人よりも濃い人生を

送ることができた。

 

これはこれで、

いいことだと思う。

新しい環境に適応する力がついた

 

引っ越しして、転校を経験すると、

否応なしに新しい環境に

適応しなければいけない。

 

これが、本当に、

とってもツラい。

 

人間は同じ環境で

居続けたいと

思うからだ。

 

でも、どんなときでも

ずーっと同じ環境で

変わらないということは、

無い。

 

俺は、社会人になってから、

最初に就いたのは、

システムエンジニアという、

コンピュータシステムを

作る会社だった。

 

そこで俺は、

たった一人で、

様々な現場に

配属されることになった。

 

というのも、

1つのシステムを

作るたびに、

別の現場に行くことに

なっていたからだ。

 

つまり、次から次に

環境が変わる。

一緒に仕事する人も

変わる。

 

ずーっと同じ環境…

ということは無かった。

 

しかし、俺は2回の

引っ越して、転校や

環境が変わることは

経験済みだったので、

意外と苦にならなかった。

 

俺は、元々社交的というより、

引っ込み思案な方だった。

 

しかし、そんな俺でさえ、

意外と次から次に

変わる職場環境に

順応することができた。

 

というわけで、

引っ越したり、

転校したりすると、

「元の環境に戻りたい」

と思うほどに

辛いけど、

 

それを乗り越えると

けっこう精神的に

タフになれるぜ、

という話。

 

目まぐるしく環境が

変わってもへっちゃら!

という人は、サバイバル能力が高い。

 

だから、転校も意外と

いいこともあるし、

それに目を向けていけば、

あなたの人生は明るいものに

なる。

 

少しでも参考になれば

幸いだ。


関連ページ