どうしても憂鬱から抜け出せないときの対処法

生きていると、

どうにも憂鬱な気持ちに

なることがあると思う。

 

もちろん、

様々な方法で改善する

ことはできる。

 

しかし、思いつく限りの

ことをやっても、

どうしても憂鬱から

抜け出せないことも

あるかもしれない。

 

俺も、気分転換に

散歩に出かけたり、

好きなものを食べたりして、

憂鬱な気持ちに

ならないように

しているが、

 

ときにはどうしても

そのような気持ちから

抜けられないときもある。

 

今回は、そんなとき、

どうすればいいのか、

話したいと思う。

 

落ちるところまで、

落ちてみる

 

憂鬱な気持ちを改善しようと

いろいろやってみたり、

そもそもそれをやる気力も

ない場合は、

もう何もしないで、

落ちるところまで

落ちてみるといい。

 

布団の中にこもって、

ずーーーんという気持ちを

味わってみる。

 

光の届かない、

深い海にどこまでも

沈んでいくような

イメージで、

憂鬱の中にどっぷりと

入っていく。

 

それをしばらく

続けていると…

不思議と気持ちが

浮上してくる。

 

水泳するときに、

息をブハッと吐くと、

自然と空気を吸い込むように、

 

落ちるところまで落ちると、

自然と浮き上がる力が

出てくる感じだ。

 

憂鬱な感情を、否定しない

 

また、憂鬱な気持ちを

否定しないのも大切と言える。

 

沸き上がってくる感情は、

何かしら必要あって

出てくるものだ。

 

喜びや、怒りなどと

同じように、憂鬱な気持ちも、

理由なしに出てくるわけではない。

 

また、人間の感情は

波の様な性質があって、

気持ちが乗っているときと、

そうでないときがある。

 

だから、

「あ、今は気持ちが

落ちてきている

時期なんだな」

と、冷静にとらえれば、

ジタバタせずに済むはずだ。

 

感情はコントロールできる

 

憂鬱な気持ちになるのは、

なぜそうなったのか、

最初はよく分からないと思う。

 

しかし、それには何かしらの

原因がある。

 

信じられないかもしれないが、

憂鬱な気持ちは、実は

自分が引き起こしたものだ。

 

日頃自分が感じる感情は、

日常の習慣や、体の姿勢、

食生活や考え方から、

現れてくるからだ。

 

だから、憂鬱な気持ちに

ならない生活をしていれば、

日々明るい気持ちで

生きることができる。

 

そのあたりについては、

以下の記事にまとめてみたので、

是非、こちらも

読んでみてほしい。

「無気力や、うつな気持ちになる

つの原因と対処法」

 

憂鬱な気持ちになるのは、

風邪を引くことに似ていると思う。

 

風邪も、体を冷やしたり、

食事で適切な栄養が取れず、

免疫が落ちることによって

起きる。

 

憂鬱な気持ちも

同じように、

日常の習慣や

体の姿勢、

気持ちの持ち方が

よくないと

現れてくる。

 

ただ、最初はなかなか

自分をコントロールできないから、

憂鬱な気持ちになったら

それを受け止めて、

少しずつ改善していくといい。

 

俺も、日常の中で

気持ちが落ち込むことが

あったが、今はかなり

自分をコントロールできるように

なった。

是非、先ほど紹介した記事を

参考にしてみてほしい。

 

最後まで読んでくれて、

ありがとう。


関連ページ