ユータのDTM講座 第3回「ドラムセットとベースについて」

追加でさらにプレゼントを差し上げます(期間限定)

今回の動画レッスンをご覧いただいた上で、以下のアンケートに答えてくれたあなたに、さらにプレゼントを差し上げます。

アンケート回答者限定プレゼント

「ドラムやベースは、作曲する上で演奏できる方がいいのか?」という質問に回答した音声

アンケート回答後、3日以内にメールでお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

万が一届かない場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

dtm.start@gmail.com

 

あなたに2つの質問(アンケート)

1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?

2:ベースについて他に知りたいことはありますか?

その他、感想があれば自由に書いてくださいね。

あなたのコメントには、僕が1つ1つ目を通して、必ずお返事をさせていただきます。

少しお時間がかかるかもしれませんが、楽しみにしていてくださいね。

なお、アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから48時間以内とさせていただきます。

それを過ぎるとプレゼントは受け取れませんので、ご注意ください。

お忘れにならないよう、今すぐコメントをご提出ください。
※コメントはこちらから

コメント

  1. きょん より:

    アンケート回答です

    1、特にありません
    2、ベースがよく目立つ曲があれば、参考にしたいです。

    1. yuta より:

      きょんさん、コメントいただき、ありがとうございました。

      椎名林檎の「罪と罰」あたり、比較的ベースが
      目立っていて、メロディが分かりやすいかもしれません。

      「罪と罰」椎名林檎
      https://www.youtube.com/watch?v=dSXvVmwJxh4

      後は、僕の場合、耳コピしだしたころはユーロビートと
      呼ばれるジャンルの曲をやっていました。
      このジャンルの曲も、割とベースが目立つとまでは言わないまでも、
      分かりやすい部類かと思います。

  2. 吉田尚 より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいこと

    カウベルなどオプションでついている物について、どういうリズムで何の役割で叩くのか、

    それを叩いてるときは、他のどのパーツを代わりに叩かないことにしても

    リズムが成立するのか知りたいです。(ノーマルな3点との組み合わせ方)

    2:ベースについて他に知りたいこと

    打ち込みの中で、ベースが一番簡単で時間的に短くて済む存在として俗に言われがちですが、

    逆に難しいポイントはありますか?

    僕はベースはお手軽に歌わせることができる楽器だけど、ミックスが難しくて時間がかかっています。

    ベースラインを目立たせようとしたら音量大きくなりすぎたり、
    重心を低くしようとして高域を削ったら、今度はリズムが立たなくなるんじゃないかと心配になったり、
    曲の中で役割はこれだ!と音で表現できず困っています。

    1. yuta より:

      吉田さん、コメントいただきありがとうございます。

      >カウベルなどオプションでついている物について、どういうリズムで何の役割で叩くのか、
      それを叩いてるときは、他のどのパーツを代わりに叩かないことにしても
      リズムが成立するのか知りたいです。(ノーマルな3点との組み合わせ方)

      「ノーマルな3点」とは、バスドラム・スネア・ハイハットのことで合ってますか?
      ひとまず、その認識でお話を進めますね。

      カウベルなどのオプション的な楽器は、キンキンした音なので、曲の中で高域の音を満たすために
      使うものと考えています。
      リズムに関しては、どのパーツを代わりに叩かないかというより、基本の3点が鳴っていないところを
      埋めるような感じでリズムを作れば、まとまっていくと思います。

      >打ち込みの中で、ベースが一番簡単で時間的に短くて済む存在として俗に言われがちですが、
      逆に難しいポイントはありますか?

      少なくとも僕の場合は、メインメロディに対してどんなベースのメロディをあてていけばいいのか、
      マッチする音階を選ぶのに最初は苦労しましたね。
      メインメロディが鳴っていないところで、ベースが前面にイイ感じに出てくるアレンジとか、
      かっこいいけど上手くできなかったなぁと振り返って感じます。

      ベースの役割を意識した打ち込みに関しては、DTM講座の第10回でお話ししていますので、
      そちらを参考にしてみてください。

  3. ユウ より:

    アンケート回答です。

    ①ドラムから曲のリズムを耳コピする際に注目する箇所はありますか?
    ②浮かんだメロディにベースフレーズを付けるコツを知りたいです。

    1. yuta より:

      ユウさん、コメントいただきありがとうございます!

      >①ドラムから曲のリズムを耳コピする際に注目する箇所はありますか?

      ドラムに限ったことではないのですが、とにかく「聴き取りやすいところからやる」ということはいつも意識しています。

      僕の考えでは、
      1.バスドラム+スネアドラム
      2.ハイハット、シンバル
      3.タム
      という順番でよく耳コピをしています。
      1,2,3の順で聴き取りにくくなっていくからです。

      参考になりましたら幸いです!

      >②浮かんだメロディにベースフレーズを付けるコツを知りたいです。

      僕も、最初まったくベースの打ち込みのイメージが湧かなくて苦労しました…。

      僕の場合、何かの曲を完コピする中で、ベースも耳コピして、
      「こういうメロディには、こういうベースがマッチする。気持ちいい。」
      というのを感じ取って、作曲をするときは、このメロディに対して
      気持ちいいと感じるベースの音を選んで打ち込んでいます。

      最初はベースの打ち込みよく分からなかったですが、徐々に感覚で
      できるようになっていったという感じです。

      あとは、以下の記事でベースの打ち込みのポイントを解説していますので、
      是非、参考にしてみてください。

      「DTMで、バンド曲のベース打ち込みをするときのポイント」
      http://ut-9.net/making/basspoint.html

  4. U-topia より:

    1. 私は基本キック、スネア、ハイハットでしか使ってません。最初のうちはそれでも大丈夫ですか?
    2. ベースラインをいざ打ち込む、となった時に、正直ピンと来ないです…(リズムは合わせるように気を付けています)

    1. yuta より:

      U-topiaさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1. 私は基本キック、スネア、ハイハットでしか使ってません。最初のうちはそれでも大丈夫ですか?

      全く問題ありません。最初はその3点を使いながら、徐々にその他の楽器(タムやシンバル)を
      入れて変化をつけていけるといいです。
      詳しくは、第9回「自由自在にドラムパートを作ろう!」の講座でお話しをしています。

      2. ベースラインをいざ打ち込む、となった時に、正直ピンと来ないです…
      (リズムは合わせるように気を付けています)

      リズムを合わせられているというのは、素晴らしいです。
      ちょっと先の講座になりますが、第10回「完成度の要となるベースを打ち込もう!」でベースの打ち込みについて詳しくお話ししています。

      ひとまず、メインメロディで使っている音を使って打ち込んでみてはいかがでしょうか。
      ドレミソラ、というメロディがあったら、そのどれかの音を1小節の中で使ってみる感じです。

      あとは、自分の好きな曲のベースのメロディを意識して聴いてみると、作曲の参考になります。

      是非、試してみてください。

  5. へんみ より:

    1.何度か自分でメロディを作って、リズムをつけたりしましたが、同じようなパターンになってしまいます。
    ユータさんは新しいドラマパターンを考えるときに、どのようにしていますか?

    2.ベースの役割について、今回初めて学べました。まずは試してみます。

    また、本筋から少し外れてしまいますが、ユータさんは作曲をするときに、どの楽器やどのような部分からスタートしているか伺いたいです。
    どうぞよろしくお願いします。

    1. yuta より:

      へんみさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1.何度か自分でメロディを作って、リズムをつけたりしましたが、同じようなパターンになってしまいます。
      >ユータさんは新しいドラマパターンを考えるときに、どのようにしていますか?

      僕の場合、自由に、曲のイメージにマッチしそうな、
      何となく気持ちいいリズムを口ずさんでから、
      それを1小節を16個(1拍が4つに分割される)に分割して、
      そこにまずはバスドラムとスネアドラムを自由に入れます。

      例えば、「ドン、タン、ドンドドン、タン」と口ずさんで
      下のように打ち込んでみたり、

      【簡易譜面】
      ———————————————————
      1拍目  2拍目  3拍目  4拍目 
      1234 1234 1234 1234
      〇    ◇  〇  〇〇  ◇   
      ———————————————————

      「ドンドドタン、ドドンドドン、タンドン」とかに
      しようかなと考えて、下のようにしてみたり。
      ———————————————————
      1拍目  2拍目  3拍目  4拍目 
      1234 1234 1234 1234
      〇 〇〇 ◇ 〇〇  〇〇  ◇ 〇   
      ———————————————————

      16コに分割した小節の中に、バスドラムとスネアを
      自由に入れていく感じです。本当に、ルールもなく
      フリーダムに決めています。

      こんな感じで、バスドラムとスネアのリズムを決めてから、
      次にハイハットを入れます。
      通常はシンプルに8分のリズムか、4分のリズムで等間隔に入れてます。

      もっと拘るときは、「チチチッ、チチチッ、チチチッ、チチチッ」とか、
      「チーチチ、チーチチ、チーチチ、チーチチ」みたいな感じで、
      変化をつけています。

      色々変化はつけるようにしていますが、結局よく使うリズムはあります。
      ただ、例えばよく使うリズムが3パターンあるとしたら、
      曲の途中でそれらを使い分けていけば、飽きにくいリズムになります。

      あと、リズムパターンが思い付かないときは、自分が好きな曲の
      ドラムをよく聴いてみると、発見があって引き出しが増えていきますので、
      試してみて下さい。

      >2.ベースの役割について、今回初めて学べました。まずは試してみます。

      よかったです(^^)/

      >また、本筋から少し外れてしまいますが、ユータさんは作曲をするときに、
      どの楽器やどのような部分からスタートしているか伺いたいです。

      僕の場合は、自分が思い付いたところから作っていますね。
      ボーカルものであれば、サビのメロディが多いです。
      あとは、イントロのギターのメロディから作っていくことはかなり多いです。

      そして、思いついた所から、続きやその前のメロディを作っていく感じですね。

      メロディを作ったら、リズムを組んで、そこからベースやギターなど、
      特にルールは決めずに入れていっています。

      参考になりましたら、幸いです。

  6. ハシュバル より:

    アンケート回答
    1
    自分は打ち込みをするときは
    ループ素材を使っています。
    色々なバリエーションが豊富にあるので助かっています。
    2
    ベースの打ち込みはドラムに合わせてしていますがそこからメロディを弾きたくなった時にどんなメロディをつければいいかわからなくなります。

    1. yuta より:

      ハシュバルさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1 自分は打ち込みをするときは
      >ループ素材を使っています。
      >色々なバリエーションが豊富にあるので助かっています。

      良いですね!ご自分の中で色んなループ素材を使いこなせると、手間を抑えつつ表現の幅が広がりますね。

      >2 ベースの打ち込みはドラムに合わせてしていますがそこからメロディを
      >弾きたくなった時にどんなメロディをつければいいかわからなくなります。

      僕も以前は、ベースでどうメロディを奏でればいいのか全く分からず、
      1小節の中でずっと同じ高さの音を打ち込んでいました。

      これを解決するためには、自分の好きな曲でベースのメロディがひと際良い感じのものを
      選んで、意識的にベースを聴いてみるのがいいと思います。

      僕の場合は、子供時代に好きだったテレビゲームのBGMをよくベースの参考にしていましたね。
      当時のゲーム機であるファミコン(今のPSやWiiのはしりです)は、同時に鳴らせる和音数が
      3か4くらいしかなかったので、かえってメインメロディに対するベースのメロディが非常に
      洗練されていたんです。

      もちろん、一般的なポピュラーソングでも、ベースがかっこいい曲は沢山ありますので、
      是非、見つけて聴いてみてください。

  7. Aki より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?

    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?

    ドラム、ベース共に十分すぐり内容でしたので大丈夫です!
    次回も楽しみにさせていただきます!

    1. yuta より:

      Akiさん、コメントいただきありがとうございます。

      良かったです!ドラムセットやベースに関する知識があると、リズムを組むときに
      すごく役に立ちます(^^♪

      是非、独自のリズムを作っていってください♪

  8. man より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?
     ドラムの音質調整はDTMにありますか
    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?
     ベースはメロディのコード和音の3つの音になりますか又、基本は一番低い音からになりますか?

    その他、感想があれば自由に書いてくださいね。

    1. yuta より:

      manさん、コメントいただきありがとうございます。

      >ドラムの音質調整はDTMにありますか

      作曲ソフトによっては、残響成分(響き具合)を調整したりエフェクトをかけて
      音を変化させることができる機能が付いています。
      これによって、理想の音に近づけていくことは可能です。

      >ベースはメロディのコード和音の3つの音になりますか又、基本は一番低い音からになりますか?

      そうですね。コードの構成音であれば、違和感なくベースの音が鳴らしやすいです。
      また、一番低い音(ルート音)は、最も無難な音と言えます。

      ただ、必ずコードの構成音にしないといけない、というルールもありませんので、
      自分が使ってみたい音を選んで鳴らしてみて、違和感が無ければそれが正解です。

  9. のまゝ より:

    今回も分かりやすかったです。
    ありがとうございます。
    以下、アンケート回答です。

    1.タムタムやバスドラを絡めたフレーズの作り方を教えていただきたいです。
    2.ベースの鳴らすべき音程、鳴らしてはいけない音程の区別?が分かりません。

    1. yuta より:

      のまゝさん、コメントいただきありがとうございます。

      >1.タムタムやバスドラを絡めたフレーズの作り方を教えていただきたいです。
      2

      この辺りは、ちょっと先になってしまいますが、第9回「自由自在にドラムパートを作ろう!」
      の講義でお話していますので、楽しみにしていてくださいね。

      >.ベースの鳴らすべき音程、鳴らしてはいけない音程の区別?が分かりません。

      ここは、最初はかなり難しいところと思います。
      ひとまず、同じ小節で鳴っているメインメロディで使っている高さの音や、
      コードの構成音を使うと、違和感なくベースを鳴らしやすいです。
      あとは、ベースを打ち込んでみて、違和感があるかどうか聞いてみて確認するといいです。

      このあたりは、やっていきながら徐々に感覚が掴んでいけます。
      是非、ベースの打ち込みを色々試してみて下さい。

  10. 末廣勝美 より:

    こんにちは、毎回勉強になります
    cubaceに於いてはまだまだ初心者で、ドラムもベースも打ち込んだ事が無いのですが、曲全体の土台縁の下の力持ち的なパートではないかと、第3回で感じました、そして打ち込みが出来るようになれば、ドラムソロ、ベースソロの打ち込み手順、方法等質問したいです。

    1. yuta より:

      末廣さん、コメントいただきありがとうございます。

      ユータです。

      >ドラムもベースも打ち込んだ事が無いのですが、曲全体の土台縁の下の力持ち的なパートではないかと、第3回で感じました、
      そして打ち込みが出来るようになれば、ドラムソロ、ベースソロの打ち込み手順、方法等質問したいです。

      「縁の下の力持ち」まさにその通りですね!ドラムとベースがしっかりしていると、曲の基盤ができるので、
      安定して聴ける曲になっていきます。

      少し先になりますが、ドラムについては「第9回 自由自在にドラムパートを作ろう!」で、
      ベースについては、「第10回 完成度の要となるベースを打ち込もう!」の講義で
      それぞれ打ち込み方を解説しています。

      まずそちらで感覚を掴んでいただいてから、ドラムソロやベースソロの打ち込みにも
      トライしてみてください。もちろん、ソロパートの打ち込みでご質問がありましたら、
      随時ラインの方にお寄せいただければと思います。

  11. 山田太郎 より:

    ドラムを打ち込む上で、人間が実際に叩ける様に配慮しないとどうしても機械的に聴こえてしまいます。どの様な点に気を付けたらよいか知りたいです。

    1. yuta より:

      山田さん、コメントありがとうございます。

      ドラムの打ち込みについてですが、実際のドラマーを想定しながら打ち込むと、自然な形になりやすいです。

      バスドラムで足1本、スネア、タム、シンバル類は両手の2本で演奏している状況をイメージする感じです。

      たとえば、ハイハットをずーっと刻みながら、スネアドラムを連打は手が3本無いとできないと思います。
      なので、この場合はハイハットを連打するなら、途中でハイハットを抜いてそこにスネアを入れるようにすると自然な形になります。

      参考になれば幸いです!

  12. こた より:

    コピーバンドでベースを担当する際に、訳も分からずやっていたので、
    ベースの役割が理解できてよかったです!

    レッチリのcan’t stopをコピーしたことがあるのですが、あれのベースとギターはほぼ同じですよね!

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?
      
      ドラムセットというより、リズムについてより知りたいです!

      曲を作っていく際にはドラムのリズムを決めてから、他の楽器を足していくという流れが
      一般的なのでしょうか?

    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?

      メロディとリズムの架け橋ということで、一番構成を考えるのが難しいんじゃないでしょうか?

    1. yuta より:

      こたさん

       ユータです。動画講義にコメントいただきありがとうございます!

      >コピーバンドでベースを担当する際に、訳も分からずやっていたので、
      ベースの役割が理解できてよかったです!

      それは本当に良かったです!

      >レッチリのcan’t stopをコピーしたことがあるのですが、あれのベースとギターはほぼ同じですよね!

      僕の方でも聴いてみました。かなり凝ったアレンジの曲ですね。
      ベースとリズムギターは、要所において同じリズムを刻んでいますね。
      とても良い発見と思います!

      >ドラムセットというより、リズムについてより知りたいです!
      >曲を作っていく際にはドラムのリズムを決めてから、他の楽器を足していくという流れが
       一般的なのでしょうか?

      音楽家、ミュージシャンによって作曲方法は千差万別なため、一概には言えませんが、
      ドラムのリズムを決めてから、他の楽器を足していくという流れは、
      僕は最も堅実な方法と考えています。作曲やアレンジを、安定して進めていきやすいですね。

      >メロディとリズムの架け橋ということで、一番構成を考えるのが難しいんじゃないでしょうか?

      たしかにベースの作曲は、なかなか最初は難しいところですね。
      ただ、メロディが落ち着いているときに、ベースのメロディを動かしたりなど、
      慣れてくると段々ベースのアレンジができるようになっていきます。

      ベースのアレンジがうまくできると、格段に曲のクオリティが上がっていきます。
      レッチリのcan’t stopなどは、ベースラインがかなりいい感じなので、
      すごく参考になると思います。

  13. noa より:

    1.通常バスドラが果たすはずの役割のパートを、例えばタムなどが担ったりすると、聴いていて違和感を覚えたりはするのでしょうか。
    2.ベースなのかドラムなのか、低音が響いているけど、バスドラのようにも聴こえる、といったリズムをよく聴くのですが、やはり、ベース単体だけでは、そのような効果をもたらすことは難しいですよね、、、。ウッドベースなどであれば、広がるので、よりリズムにアクセントがつきやすいと思うのですが、、、。

    感想のようになってしまいました!すみませんorz

    1. yuta より:

      noaさん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >1.通常バスドラが果たすはずの役割のパートを、例えばタムなどが担ったりすると、
      聴いていて違和感を覚えたりはするのでしょうか。

      そうですね、バスドラは最も低い音で、リズムの骨格を作っていくのですが、
      タムでリズムを取ろうとすると、重さが足りなくてフワっとした印象になるかと思います。
      金槌では釘は打てるけど、バナナだったら無理でした、みたいな。
      適材適所って感じですね。

      タムよりくっきりした音が鳴るスネアドラムだったら、バスドラムの代わりに
      比較的静かなシーンで使っても違和感はないですし、そういった曲もあると思います。

      >2.ベースなのかドラムなのか、低音が響いているけど、バスドラのようにも聴こえる、
      といったリズムをよく聴くのですが、やはり、ベース単体だけでは、そのような効果をもたらすことは難しいですよね、、、。
      ウッドベースなどであれば、広がるので、よりリズムにアクセントがつきやすいと思うのですが、、、。

      電子音が基本のEDM系の曲だと、バスドラの音ってすごく多彩で、「ドン!ドン!」っていう
      バスドラの音に、同じタイミングで「ヴン!ヴン!」って感じのベースの音を打ち込んだり、
      最初からバスドラとベースの音が混ざっている音色が使われていることがあります。
      バスドラでリズムを際立たせて、ベースの音も入れて広がりを持たせる感じですね。

      noaさんの言われる通り、ウッドベースは、音の立ち上がりがハッキリしつつ、
      音が伸びるので、リズムと広がりを両方表現することができますね。
      (曲のイメージに合うかどうかは別ですが)

      ベース単体など、ある一つの楽器だけで思った感じの音にならない場合、
      他の楽器を同じタイミング、同じ音の高さで打ち込む(ユニゾンと呼ばれます)
      ことで、表現の幅を広げることができます。

      この辺りは、生演奏というより、打ち込みで色々すぐに試せるのでとても面白いところですね。

      参考になりましたら幸いです。

  14. 隣の田中 より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?
     →まずは、教わったことを試してみようと思います。あとは耳コピで色々聞いてみます。
    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?
     →ベースについては役割が潤滑油的なことだというのを初めて知りました。裏でズーン、ズーンって鳴っているだけかと思っていましたが、メロディも担当できるということなので試してみます!

    1. yuta より:

      隣の田中さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >→まずは、教わったことを試してみようと思います。あとは耳コピで色々聞いてみます。

      是非、試してみて下さい!耳コピに対する積極的な姿勢がとても素晴らしいですね(^^)

      >→ベースについては役割が潤滑油的なことだというのを初めて知りました。
      裏でズーン、ズーンって鳴っているだけかと思っていましたが、
      メロディも担当できるということなので試してみます!

      そうなんですよね、僕も最初は特にベースは意識していなかったんですが、
      メインメロディとベースでメロディの掛け合いとかやってみると、
      本当に楽しいですね♪是非、ベースのメロディ作りにもトライしてみて下さい(^^♪

  15. yuki より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?
    Aメロ、Bメロ、サビの各パートでドラムのリズムパターンなどにどんな変化をつけていますか?

    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?
    エレキベースとシンセベースなど、ベースにもいろいろな種類がありますが、ユータさんはどのように使い分けていますか?

    1. yuta より:

      yukiさん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >Aメロ、Bメロ、サビの各パートでドラムのリズムパターンなどにどんな変化をつけていますか?

      むちゃくちゃ良い質問ですね!色々とありますが、3つ位パターンがありますね。

      ■パターン1.サビに向けて、派手にする

      僕は基本的に、サビで一番盛り上げたいので、Aメロ→Bメロ→サビで段階的に、1小節の中で楽器を鳴らす回数を増やして派手にしています。バスドラム・スネアドラム・ハイハットは基本で使う楽器ですが、サビに向けて回数が増やしていく感じです。

      例えば、以下の曲みたいな感じ。→https://youtu.be/obBwwIO2sVA

      この曲に関しては、Aメロでは静寂を作りたかったので、Aメロではドラムが一切鳴ってません。

      ハイハットだったら、同じリズムでも、クローズハイハット→オープンハイハットって変えるだけで、派手にできるので、それで変化をつけていますね。

      ■パターン2.他の楽器とリズムを合わせる

      他には、他の伴奏楽器とリズムを合わせる、というのもやっています。以下の曲の場合、Aメロではギターのバッキングとドラムのリズムを合わせています。
      Bメロ以降は、特にギターなどに合わせず汎用的なリズムパターンにしています。
      →https://youtu.be/hmbcRy2sRqw

      ■パターン3.歌に合わせて変える

      あとは、歌のメロディと掛け合いをするような感じもありますね。以下の曲では、Aメロで歌があるときはハイハットだけ、歌が終わると普通のドラム演奏で打ち込んでいます。
      →https://youtu.be/FOUoexaYUUQ

      Bメロとサビは、バスドラムとスネアのリズムは同じですが、雰囲気を変えるためにハイハットのリズムとちょっと変えています。
      歌のリズムに合わせて、ドラムのリズムを作るのもちょくちょくやりますね!

      >エレキベースとシンセベースなど、ベースにもいろいろな種類がありますが、ユータさんはどのように使い分けていますか?

      シンセベースは、無機質・機械的・宇宙的・直線的なイメージを表現したいとき、そういう感じの曲を作るときに使っていますね。端的には、デジタル・テクノ系の曲を作る時ですね。

      例えばこの曲はテクノ系なんで、ゴリゴリのシンセベース使ってますね。
      →https://youtu.be/L_5ZPuF7ugE

      逆に、人間っぽさとか、温かみとか、丸みとかを表現したいときはエレキベースを使っていますね。

      ご参考になりましたら、幸いです♪

  16. たけのこ より:

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?
    曲を作る上で、よく使うパターンや打ち込む際に気をつけた方がいいことなどあれば知りたいです!

    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?
    ベースのお話なのか分からないのですが、コードが気になりました。コードを知らないと曲が作れないイメージなのですが、そうでもないのでしょうか‥。

    1. yuta より:

      たけのこさん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >曲を作る上で、よく使うパターンや打ち込む際に気をつけた方がいいことなどあれば知りたいです!

      8ビートのドラムパターンや、4つ打ちと呼ばれるものを良く使っています。
      下記のページで詳しく解説しましたので、是非ご覧ください。→https://ut-9.net/rhythpetern

      ドラムの打ち込みで気を付けていることは、生演奏っぽくしたいときは、実際にドラムを演奏しているのを想定して打ち込みをやっているということです。
      早い話、「2本の腕で叩けるようになっているか」という感じです。

      例えば、スネアドラムを高速でタタタタタタ…って叩いているときに、ハイハットがチチチチチチチ…って鳴っていたら、1人の人間には叩けず不自然に聴こえるので、そういうときはスネアドラムとバスドラム以外打ち込まない、とかですね。(バスドラムは足で叩くので大丈夫)

      まーでも最近は、不自然に聴こえてしまうのは、ドラムを演奏したことがある人とか、バンド系の音楽を好んでよ~く聴いている人くらいなのかなぁと思って、しれっと実際に叩けないドラムの演奏パターンを打ち込んでいたりします(笑)

      まぁ、DTMだったら自分の中でやりたいことができればいいのではないかと僕は思っています。

      >ベースのお話なのか分からないのですが、コードが気になりました。コードを知らないと曲が作れないイメージなのですが、そうでもないのでしょうか‥。

      色々曲を聴き込んで、自分の中できれいにハモる音が感覚で分かっていれば、コードに関する知識を知らなくても意外とけっこう作っていけます。

      僕も、最初はコードに関する知識を一切知らないまま、曲を作っていました。
      といっても、和音は自分で気持ちいい音を探しながら打ち込んでいたので、結果的に何かしらのコードは打ち込んでいたと思います。

      自分が気持ちいいと感じる和音(コード)を探して作っていくのもいいですが、慣れない内は時間がかかってしまったりするので、コードの知識を身に着けておくと便利です。

      もし、理論を学ばなくても感覚で作曲していくことができるなら、それで進んでいって問題ないと思います。
      ご自身で作曲する中、コードや音楽理論の知識を知りたくなった!と感じたら、そのときに学んでいけばいいかと思います。

      ご参考になりましたら、幸いです。

  17. 佐々木翼 より:

    今回の動画は楽器の理解が深まり、とても参考になりました。ありがとうございました。

    1:ドラムセットについて他に知りたいことはありますか?

    リズムに重要な役割があるのだと良く分かりました。前回のレッスンの耳コピの練習の際、色々な曲を聴きました。1曲通して聴いてみたら、中にはドラムやベースを途中で演奏しない部分もありました。おそらく、作曲者が他の楽器を際立たせる為にワザと無くしたのだろうと思うのですが、どう言う表現の時にドラムを休みにさせるパターンが多いのでしょうか? また、ドラムと相性の悪い楽器はありますか?

    2:ベースについて他に知りたいことはありますか?

    ベースが繋ぎ役で重要な事がよく分かりました。リズムが重要なのは良く分かりましたが、それであるならば、何故こんなにもベースの音が小さいのでしょうか?
    皆んながリズムを取り易い様に、もっと音量を上げておくべきなのでは?
    と素人考えに思ってしまいます。
    ベースを大きくすると逆にドラムを邪魔してしまうからでしょうか?

    何卒よろしくお願いします。

    1. yuta より:

      佐々木さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >1曲通して聴いてみたら、中にはドラムやベースを途中で演奏しない部分もありました。おそらく、作曲者が他の楽器を際立たせる為にワザと無くしたのだろうと思うのですが、どう言う表現の時にドラムを休みにさせるパターンが多いのでしょうか?

      このような所に気が付けるのは、アレンジをしていく上でとても大事な着眼点をお持ちの証拠ですね。
      ドラムやベースを外すのは、シンプルに変化をつけたい時や、静けさを表現したい時などに多いと思います。

      例えば歌の1番ではフルのアンサンブルだったが、2番以降のある部分でドラムやベースが敢えて外すことによって、変化を生み出して面白味を出すという感じです。

      また、曲の終わりの方で、大サビと呼ばれる最も盛り上がるシーンで、楽器を最小限にして静けさを表現し、その後の大サビを一層盛り上げる…というものよくありますね。

      >また、ドラムと相性の悪い楽器はありますか?

      ドラムはバンド内でリズムを司るパートであり、オーケストラで言えば指揮者のようなものなので、基本的にどの楽器とも合います。
      ただ、そこまでリズムを強調しない、しっとりとした曲調の楽曲であれば、ドラムが無いものもありますね。

      例えば、ボーカル+バイオリン+コントラバス(低音の弦楽器)という構成で、割と落ち着いた編成の構成で作られた曲に対して、ドラムを入れてもいいけど、無い方がしっくり来る…といったケースなどです。

      楽器の相性というよりも、曲との相性を考えると、ドラムを入れるべきかどうか判断が付きやすいと思います。

      >リズムが重要なのは良く分かりましたが、それであるならば、何故こんなにもベースの音が小さいのでしょうか?
      皆んながリズムを取り易い様に、もっと音量を上げておくべきなのでは?
      と素人考えに思ってしまいます。
      ベースを大きくすると逆にドラムを邪魔してしまうからでしょうか?

      ポピュラーソングの多くは、ほとんどの場合みんなが聴くのはボーカルなので、ボーカルの音を際立たせるよう、ベースの音は小さめになっていることが多いです。

      アーティストの意向によって、ベースの音量が控えめになっている例もあります。

      これは僕の経験なのですが、以前ある女性ボーカリストの方の楽曲のミックス(各楽器の音量などを調整して、最終音源にする作業)をさせていただいたとき、僕の好みではベースの音量を大きめにしていたのですが、結局採用されず、別の方がミックスをすることになりました。

      最終的に仕上がった音源を聴いたところ、ベースの音量は控えめで、ボーカルがよく聞こえる感じになっていました。おそらく、ボーカリズトの方が「歌声を売りにしたい」というお考えがあったため、そのような音量バランスになったのだと思います。

      ただ、ロック系(特にハードロック系)の曲の場合、リズム感を重視しているため、ベースの音が大きくなっていることが多いですね。
      また、クラブミュージック系の曲も、ダンス用の曲が多く、リズムに乗りやすくなるようベースの音が強調されている場合が多いです。

      参考になりましたら、幸いです。

コメントはこちらから