ユータのDTM講座 第8回「メロディをちょっとオシャレにするテクニック」

追加でさらにプレゼントを差し上げます(期間限定)

今回の動画レッスンをご覧いただいた上で、以下のアンケートに答えてくれたあなたに、さらにプレゼント動画を差し上げます。

アンケート回答者限定プレゼント

今回紹介したテクニックを全て使っている、超メジャー曲のメロディ解説動画

アンケート回答後、3日以内にメールでお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

万が一届かない場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

dtm.start@gmail.com

 

あなたに2つの質問(アンケート)

1:動画で解説した、「オフビートメロディ」について他に知りたいことはありますか?

2:動画で解説した、「弱起」について他に知りたいことはありますか?

その他、感想があれば自由に書いてくださいね。

あなたのコメントには、僕が1つ1つ目を通して、必ずお返事をさせていただきます。

少しお時間がかかるかもしれませんが、楽しみにしていてくださいね。

なお、アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから48時間以内とさせていただきます。

それを過ぎるとプレゼントは受け取れませんので、ご注意ください。

お忘れにならないよう、今すぐコメントをご提出ください。
※コメントはこちらから

コメント一覧

  1. きょん より:

    すみません、動画を拝見したいのですが、再来週までネット環境がない為見られない状況です

    1. yuta より:

      ご連絡いただき、ありがとうございます。

      了解しました。本来のアンケート期限は、動画が届いてから48時間としておりますが、
      特例としてネット環境が整って見られる状態になってから、アンケートに回答いただければ、
      こちらから返信と回答者プレゼントを送らせていただきます。

      よろしくお願いいたします。

  2. musicwine88 より:

    こんばんは!
    いつもありがとうございます。
    独創的なメロディ、メロディのバリエーション、
    毎日試行錯誤の日々です。。(^^;

    アンケートの回答です。

    1. 動画で紹介されていた、16分の3-3-2のパターン以外の
    オフビートメロディ(のパターン)について、教えて頂けると嬉しいです!

    2. 弱起始まりの曲で、yutaさんが「これは素晴らしい、名曲だ!」と思われた
    曲がありましたら、ご紹介頂ければ幸いです。

    どうぞよろしくお願い致します。

    1. yuta より:

      musicwine88さん、コメントいただきありがとうございます!

      >1. 動画で紹介されていた、16分の3-3-2のパターン以外の
      オフビートメロディ(のパターン)について、教えて頂けると嬉しいです!

      今回は3-3-2があまりによく見かけるので紹介させていただきましたが、
      正直なところ、これ以外で頻出するパターンは少ないかと思っています。
      でも、僕が見つけられないだけかもしれないので、ご自身で探してみるのもいいかと思います。

      ただ、パターンにすがらなくても、「16分の1単位でオンビートを外す」ということを
      すれば、割と簡単にオフビートメロディを作ることができます。
      回答者プレゼントの動画で、実際の曲で説明していますので、参考にしてみてください。

      >2. 弱起始まりの曲で、yutaさんが「これは素晴らしい、名曲だ!」と思われた
      曲がありましたら、ご紹介頂ければ幸いです。

      弱起が使われている曲があまりに多いのと、普段「弱起だ!」と意識して聴いているわけでは
      ないのですが、特に印象に残っているものでパッと思い付くところだと、
      ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」のサビ。
      https://www.youtube.com/watch?v=cr8magEp0Ho
      (1分14秒あたりの「消して」。「て」が1拍目になっています)

      後は、SMAPの「夜空ノムコウ」の歌いだしですね。
      →(カバー動画です)https://www.youtube.com/watch?v=gGn1CN_Z4Vg
      (「あれから」の「ら」が1拍目になっています)

      参考になりましたら幸いです!

  3. ユウ より:

    ①オフビートメロディで構成されている曲があれば知りたいです。
    ②弱起を分かりやすく使っている曲があれば知りたいです。

    1. yuta より:

      ユウさん、コメントいただきありがとうございます。

      >①オフビートメロディで構成されている曲があれば知りたいです。

      SMAPの「世界に一つだけの花」は、けっこうオフビートメロディが使われていますので、
      参考になると思います。(すみませんが公式の動画が上がってませんでした。)
      コメント回答者プレゼントの動画で、この曲を使って詳しく説明しています。

      >②弱起を分かりやすく使っている曲があれば知りたいです。

      ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」のサビなd、けっこう分かりやすいです。
      →https://www.youtube.com/watch?v=cr8magEp0Ho
      (1分14秒あたりの「消して」。「て」が1拍目になっています)

  4. U-topia より:

    1. 2. ともに、他に聞きたいことは特にないです。
    ただ、今回の講義の内容はまさにその通りだなと思いました。「オフビートメロディ」という言葉を知るまではそういう意識は確かになかったし、弱起が使われている曲もたくさんあるなと感じました。

    1. yuta より:

      U-topiaさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      弱起は、本当に多いですね、ポップスでは使いまくられているので、
      逆に敢えてどれ、って見つけにくいくらいです。

      オフビートメロディは、DTMスクールで学びだしたときに僕も知りました。
      そのような考え方がある、と知るだけでも、今まで聴いてきた音楽の
      捉え方がかなり変わりましたね。

      また、自分がメロディを作る上で、より面白いものにしようとしたとき、
      とても役に立つ考え方です。

  5. へんみ より:

    1.2.非常にわかりやすい説明で、よく理解できました。
    ぜひ活用していきたいと思います。
    いつもありがとうございます。

    1. yuta より:

      へんみさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      良かったです!けっこう、第8回の内容は面白くて僕も好きなんです。
      メロディ作りは本当に奥が深いので、是非色々試してみてくださいね。

  6. Takuya より:

    1.2.とても使えそうなテクニックで良かったです!
    意識して使ってみます!

    1. yuta より:

      Takuyaさん、コメントいただきありがとうございます。

      >1.2.とても使えそうなテクニックで良かったです!
      意識して使ってみます!

      それは本当に良かったです!面白いメロディにしていく上で、
      とても使えるテクニックなので、是非ご活用いただければと思います!

  7. noa より:

    1.jazzyな感じに仕上げたいときはオフビートメロディを使うと正にそれらしくなるなあというのは確かに感じます。逆に、これを取り入れることでそれらしくならず、少し違った雰囲気に仕上げることはできるのでしょうか。少し気になりました。
    2.強起の中でも、1音目からバーーーーっとあらゆる音を鳴らすと凄く曲の盛大さが出て、聴く側は感動すると思います。弱起だと、強起より少しおしゃれに聴こえることがあるけれど、強起のような盛大さはやはり出せないのでしょうか。

    1. yuta より:

      noaさん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!
       
      >1.jazzyな感じに仕上げたいときはオフビートメロディを使うと正にそれらしくなるなあというのは確かに感じます。
      >逆に、これを取り入れることでそれらしくならず、少し違った雰囲気に仕上げることはできるのでしょうか。少し気になりました。

      4拍子のリズムから外れて音符が配置されていれば、すべてオフビートメロディになりますので、
      ポップスのほとんどはそのようなメロディが使われていると言えます。

      ジャズというより、ダンスポップ系の曲で説明しますと、例えば、eillさんの「躍らせないで」
      https://youtu.be/-m1IBXDZIQs

      Aメロの歌いだしは「どうでもいいTシャツと」となっていますが、
      「どう」「でも」はそれぞれ1拍目と2拍目から、0.5拍後ろにずれています。
      いわゆる、「裏拍」に合わせて歌われています。

      3拍目と4拍目には「いい」と「シャツ」が当てられています。

      これがもし、「どう」と「でも」をそれぞれ1拍目と2拍目に持ってくると…
      ちょっと言い方は悪いですが、オフビートの時に比べるとダサい感じになります(笑)
      「どう、でも、いいTシャツと」って感じですね。

      それを「ウン、どう、ウン、でも、いいTシャツと」(「ウン」は歌わない)と言う風に、
      オフビートにすると、オシャレで大人っぽくなってます。

      この曲は、ミドルテンポの曲なので、4拍子のリズム以外にも歌のメロディがかなり入っています。
      逆に、テンポが速い曲だと、4拍子のリズムに乗せて歌を作ってもあまり違和感が無く、そういう曲は多いです。

      ちょっと文章だけだと分かりにくいかもしれないので、音声でも説明してみました。
      →http://ut-9.net/onsei/offbeat_explain.mp3

      >2.強起の中でも、1音目からバーーーーっとあらゆる音を鳴らすと凄く曲の盛大さが出て、聴く側は感動すると思います。
      弱起だと、強起より少しおしゃれに聴こえることがあるけれど、強起のような盛大さはやはり出せないのでしょうか。

      むしろ、弱起は使い方によって強起よりも、1拍目、1音目からの盛り上げをさらに高めることができます。
      タメを作って、ドーン!みたいな感じですね。

      例としては、ASIAN KUNG-FU GENERATIONというバンドの「リライト」という曲。
      →https://youtu.be/cr8magEp0Ho

      この曲は1分14秒くらいから、サビが始まるのですが、「消してーーーーーーーーーーーー」の
      「てーーーーーーー」が1拍目の1音目で、全楽器がバーーーーーンとなります。

      でもその直前に一瞬ボーカル以外無音になって、ボーカルの「消し」というメロが入ってから、その後ドーンと来る。

      まぁ、ジェットコースターの最初の上り坂みたいな感じで、タメてドーンみたいな感じで、
      弱起を使うことで、その後の1音目が一層盛り上がるような感じです。

      ご参考になりましたら、幸いです。

  8. たけのこ より:

    1:動画で解説した、「オフビートメロディ」について他に知りたいことはありますか?

    2:動画で解説した、「弱起」について他に知りたいことはありますか?

    オフビートメロディ、弱起を使っている曲がなるべく多く知りたいです!できれば、女性が歌っている曲などあれば教えて下さい!

    1. yuta より:

      たけのこさん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >オフビートメロディ、弱起を使っている曲がなるべく多く知りたいです!できれば、女性が歌っている曲などあれば教えて下さい!

      すべて女性ボーカルで集めてみました!7曲紹介しますが、どの曲もオフビートメロディと弱起が使われています。

      ☆邦楽
      ■「ヘビーローテーション」 / AKB48
      https://www.youtube.com/watch?v=lkHlnWFnA0c

      サビ:アイウォン (1拍目→)チュー―――

      しょっぱなから、あからさまな弱起です。
      これは非常に分かりやすいと思います。

      ■「お勉強しといてよ」/ ずっと真夜中でいいのに。
      https://www.youtube.com/watch?v=Atvsg_zogxo

      サビ:褒めあいライム (→1拍目)合図

      ラップっぽい曲なので、オフビートメロディ使いまくりです。
      サビは弱起ですね。

      ■「盗作」/ ヨルシカ
      https://www.youtube.com/watch?v=CS4f3jawFxY

      サビ:嗚呼、まだ (1拍目→)足りない。

      こちらもラップっぽい曲なので、全体的にオフビートメロディが多様されています。

      ■「紅蓮華」/ LiSA
      https://youtu.be/CwkzK-F0Y00

      サビ:どうしたって! (1拍目→)消せない夢も

      こちらもサビの弱起が印象的です。

      ☆洋楽
      ■「A Thousand Miles」 / Vanessa Carlton
      https://www.youtube.com/watch?v=Cwkej79U3ek

      ■「Shake It Off」 / Taylor Swift
      https://www.youtube.com/watch?v=nfWlot6h_JM

      洋楽の場合は、オフビートメロディが空気の様に使われている感じですね。
      洋楽ではそもそもサビと言う概念もあまりないので、弱起もそこかしこで使われています。
      邦楽はサビを重要視する傾向にありますので、サビで弱起を使ってバーンと盛り上げる曲がよくありますね。

      ご参考になりましたら、幸いです。

  9. 佐々木翼 より:

    裏拍を活用すると、感じが変わるのですね。とても参考になりました。ありがとうございます。

    1:動画で解説した、「オフビートメロディ」について他に知りたいことはありますか?

    お洒落にしようとして、あまりオフビートを使い過ぎるのもしつこいでしょうか?

    一番のコーラスは普通にして、2番のAメロだけオフビートにしてみるとか、そのくらいの方が良いのでしょうか?

    2:動画で解説した、「弱起」について他に知りたいことはありますか?

    作り手の意図としては拍をずらして、お洒落にしたつもりが、
    聴き手から見たら、ただ単にリズムを外して歌ったんじゃないのか?
    と誤解されないでしょうか?

    そういう風に聞こえてしまう場合は、何が原因だったりするのでしょうか?

    1. yuta より:

      佐々木さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >裏拍を活用すると、感じが変わるのですね。とても参考になりました。ありがとうございます。

      ありがとうございます!良かったです!

      >お洒落にしようとして、あまりオフビートを使い過ぎるのもしつこいでしょうか?

      そうですね、変に意識して使いすぎると不自然になってしまう可能性はあるかと思います。

      ただ、作ってみて、自分で聴いてみたり、誰かに聴いてもらって判断するのもいいですね。
      自分的に「やりすぎたかな」と思っても、人によっては良いと言ってもらえることもありますので。

      >一番のコーラスは普通にして、2番のAメロだけオフビートにしてみるとか、そのくらいの方が良いのでしょうか?

      一番と二番で変化をつける、という意味では、そのようなやり方もいいと思います!
      ただ、一番からオフビートメロディが使われる曲は、沢山ありますので一番からオフビートメロディを使ってみても特に問題はありません。

      >作り手の意図としては拍をずらして、お洒落にしたつもりが、
      >聴き手から見たら、ただ単にリズムを外して歌ったんじゃないのか?
      >と誤解されないでしょうか?
      >そういう風に聞こえてしまう場合は、何が原因だったりするのでしょうか?

      佐々木さんの質問の意図に正確に回答できているか分かりませんが、僕の考えをお伝えしておきますね。

      このあたりは、正直何とも言えないところです。
      というのも、「お洒落」とか「カッコいい」とか、聴く人の感性によって決められるものだからです。

      そして、聴き手の感性は何が正解、不正解ということはなく、その人が「良い」と思ったらすべて正解だと僕は思っています。
      音楽を聴いてどう思ったり、どう感じるかはその人の自由だからです。

      作り手も、自分が作った曲を聴くことになりますので、一人の聴き手です。
      なので、作り手が「これはお洒落な曲だ」と思ったら、それは1つの正解だと思っています。

      逆に、聴き手が「ただ単にリズムを外しただけ」、つまり「お洒落じゃない」と判断するのも自由です。
      そう思う人がいてもおかしくないですし、逆に「お洒落だ」と思う人もいてもおかしくありません。

      例えば自分が、オフビートを意識してお洒落な感じの曲を作ったとして、それを聴いたすべての人が自分と同じように「お洒落な曲だ」と感じることはなかなか無いと思います。
      僕ら人間が多様な感性を持っている以上、全員が全員、自分と同じ感性を持つことはまずありません。

      でも、「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、作り手の感性に近い人は必ずいますし、世の中に作品を発信していれば、近い感性の人と出会えたり、集まってきたりします。

      聴き手がどう思うかを考えることももちろん大切なのですが、自分の感性や自分が「良い」と思って作った曲の価値を素直に信じることも、同じ位大切だと僕は思っています。

      佐々木さんが聴きたかったこととズレているかもしれませんが、少しでもご参考になりましたら幸いです。

  10. 磯部 より:

    第8回目の動画を見させて頂きました。ありがとうございます!

    今回のオン・オフビート、強起/弱起は知っていましたので、特には質問はないんですけど、実演で、ボーカルパートを、歌を違う音にして、ドラムと流してましたけど、あれは、別に作っておいたのですか?それとも、歌のメロディーのデーターに違う音色を設定したのですか?その辺が気になりました。
    次はいよいよドラムですね。
    待ちに待ってました。楽しみにしてます。(^o^)/

    1. yuta より:

      磯部さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >今回のオン・オフビート、強起/弱起は知っていましたので、特には質問はないんですけど、

      ご存知でしたか!それはとても素晴らしいですね!

      >実演で、ボーカルパートを、歌を違う音にして、ドラムと流してましたけど、あれは、別に作っておいたのですか?それとも、歌のメロディーのデーターに違う音色を設定したのですか?その辺が気になりました。

      歌のメロディーのデータを、聴き取りやすい「シンセリード」と呼ばれる音色に変更して鳴らしています。

      余談ですが、作曲するときは、自分で歌う場合でも必ずメインメロディは打ち込んでいますので、それを使っています。
      カラオケで言うところのガイドメロディという感じで、レコーディングのときにも役立っていますね。

      >次はいよいよドラムですね。
      待ちに待ってました。楽しみにしてます。(^o^)/

      楽しみにしていただき、ありがとうございます!
      ドラムの打ち込みもとても楽しい所なので、是非感覚を掴んでいってくださいね。

  11. iz より:

    アンケート回答ですが、今回は特にありません

    つくりたい曲にあった工夫をしていく感覚を身につけるにはやはり耳コピが必要なんだなぁと、以前の講座でおっしゃっていたように耳コピがなぜ重要なのか、だんだんと分かってきました!

    次回はドラムということで、初心者ドラマーとしてもぜひ聞いてみたい内容です。楽しみにしています♪

    1. yuta より:

      izさん

       ユータです。コメントありがとうございます!

      >つくりたい曲にあった工夫をしていく感覚を身につけるにはやはり耳コピが必要なんだなぁと、以前の講座でおっしゃっていたように耳コピがなぜ重要なのか、だんだんと分かってきました!

      良かったです!どんなに知識だけを身に着けても、なかなか上手く曲は作れないかと思います。
      耳コピをすると、自分が気持ちいいと感じるメロディを体感できるようになるし、曲作りがすごく速くなっていきますね。

      >次回はドラムということで、初心者ドラマーとしてもぜひ聞いてみたい内容です。楽しみにしています♪

      ありがとうございます。ドラマーさんの場合、楽器の名前など、かなり初歩的なところから入るので、一部退屈させていますところもあるかと思います。
      ただ、打ち込みの実演の部分は、生演奏とはまた違う面白さがあると思っていますので、是非ご参考にしてもらえたらと思います。

コメントを残す