ユータのDTM講座 第10回「完成度の要となるベースを打ち込もう!」

追加でさらにプレゼントを差し上げます(期間限定)

今回の動画レッスンをご覧いただいた上で、以下のアンケートに答えてくれたあなたに、さらにプレゼント動画を差し上げます。

アンケート回答者限定プレゼント

ベースの打ち込みが全く思いつかないときの対処法について解説した動画

アンケート回答後、3日以内にメールでお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

万が一届かない場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

dtm.start@gmail.com

 

あなたに2つの質問(アンケート)

1:ベースのメロディを作る上で、難しいと感じることはありますか?

2:ベースの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?

その他、感想があれば自由に書いてくださいね。

あなたのコメントには、僕が1つ1つ目を通して、必ずお返事をさせていただきます。

少しお時間がかかるかもしれませんが、楽しみにしていてくださいね。

なお、アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから48時間以内とさせていただきます。

それを過ぎるとプレゼントは受け取れませんので、ご注意ください。

お忘れにならないよう、今すぐコメントをご提出ください。
※コメントはこちらから

コメント

  1. ユウ より:

    ①メインメロディのキーとの合わせ方や音の厚みの出し方ですね。
    ②メインメロディに対してどの程度低いキーを使うのか知りたいです。

    1. yuta より:

      ユウさん、コメントいただきありがとうございます。

      ①メインメロディのキーとの合わせ方や音の厚みの出し方ですね。

      メインメロディのキーとの合わせ方については、回答者プレゼントの動画でお話ししていますので、
      参考にしていただければと思います。
      ベースで音の厚みを出す場合、シンプルに音量を上げることで僕は対応しています。

      >②メインメロディに対してどの程度低いキーを使うのか知りたいです。

      メインメロディで主に使っている音域から、打ち込みの画面で1オクターブ下の音域を
      使うと、バランスが取りやすいと思います。
      (ただ、実際にはベースの音源で出力される音は、打ち込みの画面で入力した音から
      1オクターブ下がった音になっていることが多いです。)

  2. U-topia より:

    1. ベースラインは音程をどう変化させるかどうかがわからなくて難しいです…
    2. 1.につながるんですけど、ベースの音階って、メロディで使われている音を使っている感じですか?それともスケールの音であればよいのでしょうか?

    1. yuta より:

      U-topiaさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1. ベースラインは音程をどう変化させるかどうかがわからなくて難しいです…

      回答者プレゼントの動画で詳しくお話ししていますが、最初は1小節毎に音程を
      変えるようにして、コツをつかんでいければ良いと思います。
      いきなりメインメロディのように、変化のあるベースラインを作るのは難しいです。

      >2. 1.につながるんですけど、ベースの音階って、メロディで使われている音を
      >使っている感じですか?それともスケールの音であればよいのでしょうか?

      自分が決めたスケールの音であれば、メインメロディにマッチするベースの音階は
      見つかりやすいです。

      また、メインメロディで使っている音も、基本的にスケールの
      音階になっていると思うので、メインメロディの音階を使うのは有効です。

      どの音階を使えばいいか分からない場合、とりあえずメインメロディか
      スケールの音で1小節、8分音符で一定の高さの音を打ち込んでみて、
      曲と合っているか聞いてみる。
      それで、しっくり来なかったら変えてみるという感じでやっていけば、
      次第にコツが掴めてくると思います。

  3. へんみ より:

    1.ベースは今まで使用したことがなかったです。アドバイス通り、ドラムのタイミングに合わせて使用していこうと思います。

    2.ベースの音をドラムの音とずらして、独立させることもありますか?
    もしあれば、具体的な曲名も知りたいです。
    よろしくお願いします。

    1. yuta より:

      へんみさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1.ベースは今まで使用したことがなかったです。アドバイス通り、ドラムのタイミングに合わせて使用していこうと思います。

      ドラムのリズムに合わせると、かなり曲がまとまりやすくなります!
      あと、8分のリズムで音程を変えずに直線的に打ち込むのも、よくありますね。

      >2.ベースの音をドラムの音とずらして、独立させることもありますか?
      >もしあれば、具体的な曲名も知りたいです。

      ありますよ!ただ、最初はちょっとイメージ掴みにくいかと思います。
      例えば、以下の曲などは、イントロからベースがブリブリ動きまくっています。
      「ゲスの極み乙女。 – 私以外私じゃないの」
      https://youtu.be/Ae6gQmhaMn4

      こんな感じで、ベースが独立したメロディを奏でつつ、曲全体の調和を乱さないような
      アレンジができると、気持ちいいですね!

      こちらのバンドは、「ベースがめちゃ上手い」という評判なので、他の曲も
      凝ったベースの打ち込みをするときは参考になると思います。

      せっかくなんで、僕の曲ですが、ベースラインを凝って作ったやつも
      載せておきますね。
      「路地裏のFAKEBEATS」
      https://youtu.be/4wZk-tZFLrY

  4. Takuya より:

    1:ベースのメロディを作る上で、難しいと感じることはありますか?
    →ベースをおとなしくしてベース音を弾かせておくところと、ガンガンソロっぽく弾いて欲しい所の線引きが難しいです。ファンクとか好きなので、かっこいいベースラインを作りたいと思っています。

    2:ベースの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?
    →打ち込みから先に楽曲制作した場合、このベースラインが曲のコード進行になるという理解で間違いないですか?

    1. yuta より:

      Takuyaさん、コメントいただきありがとうございます。

      >ベースをおとなしくしてベース音を弾かせておくところと、ガンガンソロっぽく弾いて欲しい所の線引きが難しいです。ファンクとか好きなので、かっこいいベースラインを作りたいと思っています。

      とても良い質問を、ありがとうございます。この辺りの線引きって確かに難しいですよね。
      ベースをソロっぽく動かすと良いのは、メインメロディ(ボーカル)のメロディが無かったり、
      動きが少ないところですね。メインメロディと、ベースラインが両方動いていると、
      聴き手としては「どっちを聴けばいいんだ?」となってしまい、まとまりにくくなってしまいます。

      メインメロディのフレーズが一段落して、長い音符になっているところで、ベースが動き出すと、
      良い感じにしやすいです。

      >打ち込みから先に楽曲制作した場合、このベースラインが曲のコード進行になるという理解で間違いないですか?

      基本的にその認識で大丈夫です。ただ、分数コードといって、ベースの音ではないルート音を持つ
      コードが乗る場合もあります。例えば、C/G(C on Gとも書かれます)だと、ベースはGですが、
      コードはCという感じです。

      要は、最終的に自分がしっくりくる形になれば、それが正解です。
      色々音を出しながら、ご自身で答えを見つけてみて下さい。

  5. たけのこ より:

    1:ベースのメロディを作る上で、難しいと感じることはありますか?
    どう音程に合わせていくのか、またベースの打ち込み際には、何か規則性はありますか?

    2:ベースの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?
    ベースを一直線で打ち込んでいる中にも、リズムがあり、そのリズムの作り方がよく分からなかったです‥。すみません、伝わっているかどうか分からないのですが‥。

    1. yuta より:

      たけのこさん
       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >どう音程に合わせていくのか、またベースの打ち込み際には、何か規則性はありますか?

      僕は、1小節の中のメロディの、最初の音符の高さでベースを打ち込んでいることがよくあります。
      「ドレミソラ~」というメロディがあったら、「ド」の高さでベースを打ち込む形です。

      途中でベースの音程を変える時は、半音7上げたり、下げたりすると違和感なく動かせることが多いです。
      動画講義でもそのように動かしています。
      (半音1は、ピアノでいう1つ隣の鍵盤との音程の差です。白鍵盤の隣に黒鍵盤があったら、それが半音1の差です。白鍵盤の隣が白鍵盤だったら、その差も半音1です)
      動画講義でも、最初は「シ」の音を使っていますが、途中で半音7下げた「ミ」の音を使っています。

      さらに、「ミ」の後にベースで使っているのは「ファ#」(ファ#はファより半音1高い音です)ですが、これはメインメロディで使っている音です。
      メインメロディで使っている音は、ベースの音に使いやすいので、よく使っています。

      >ベースを一直線で打ち込んでいる中にも、リズムがあり、そのリズムの作り方がよく分からなかったです‥。すみません、伝わっているかどうか分からないのですが‥。

      よくあるのは、バスドラムとスネアドラムで作ったリズムに合わせて、ベースのリズムを作る方法です。
      「ドン・タン、ドタン」というドラムのリズムだったら、「ブン・ブン、ブブン」という感じで、ベースも同じリズムにしつつ、時折音程を動かしていく感じです。

      ベースはドラムとセットで、「リズム隊」と言われていて、リズムを形作っていく役割があるため、ドラムとベースで同じリズムにして足並みを揃えることで、曲全体がきれいにまとまっていきます。

      動画講義だと、見づらかったと思いますので、ドラムとスネアのリズムに対してどのようにベースがリズムを合わせているか、下図で表してみましたので、イメージを掴んでみていただければと思います。→http://ut-9.net/image/bass_image.jpg

コメントはこちらから