ユータのDTM講座 第11回「ギターやその他の楽器で曲を盛り上げよう!(前編)」

追加でさらにプレゼントを差し上げます(期間限定)

今回の動画レッスンをご覧いただいた上で、以下のアンケートに答えてくれたあなたに、さらにプレゼント動画を差し上げます。

アンケート回答者限定プレゼント

ギターのことを全く知らなくても、簡単にカッコいい和音を作る方法について解説した動画

アンケート回答後、3日以内にメールでお届けいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

万が一届かない場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

dtm.start@gmail.com

 

あなたに2つの質問(アンケート)

1:ギターの打ち込みをする上で、難しいと感じることはありますか?

2:ギターの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?

その他、感想があれば自由に書いてくださいね。

あなたのコメントには、僕が1つ1つ目を通して、必ずお返事をさせていただきます。

少しお時間がかかるかもしれませんが、楽しみにしていてくださいね。

なお、アンケートの提出期限は、あなたにこの動画をお届けしてから48時間以内とさせていただきます。

それを過ぎるとプレゼントは受け取れませんので、ご注意ください。

お忘れにならないよう、今すぐコメントをご提出ください。
※コメントはこちらから

コメント一覧

  1. よっちゃん より:

    リアルなギターの音作りにポイントやコツ等はありますか?

    1. yuta より:

      よっちゃんさん、コメントいただき、ありがとうございました。

      リアルなギターの音作りについては、やり方は主に3つ考えられます。

      1.MIDIの打ち込みで強弱をつける
       実際にギタープレイでは、弦の弾く力によって音の強弱がでます。
       これを、打ち込み時音符1つ1つの「ベロシティ」という値を調整して再現することができます。
       ベロシティは、音符1つ1つの音の大きさと思っていただいて大丈夫です。
       僕はエレキギターで、短くリズムを刻む音は、ベロシティを低く設定しています。

      2.エフェクトで音を近づける
       響きを持たせる「リバーブ」や、エレキギターなら歪み系のエフェクトをかけることで、
       リアルの音作りをすることができます。
       このとき、再現したい音をプロの作品などでよく聞き込んで真似をしてみるといいです。

      3.有料の音源を購入する
       別売りの有料音源を購入して使用することで、何もしなくてもけっこうリアルな音が出せます。
       僕は「Electri6ity(エレクトリシティ)」という音源を使用しています。
       もちろん、細かな調整をしていけば、さらにリアルな音を出せます。
       詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
       「DTMの打ち込みでギター音源なら「Electri6ity」が凄い!!」
       http://ut-9.net/making/electri6itysugoi.html

      少しでも参考になりましたら、幸いです。

  2. ユウ より:

    いつもコメントありがとうございます。
    演奏のパートでかなり行き詰まっていたので助かります。

    ①アンプ・エフェクターの調整ですね。
    ②生演奏に近づけるコツを知りたいです。

    1. yuta より:

      ユウさん、コメントいただきありがとうございます。

      >①アンプ・エフェクターの調整ですね。

      僕はギターを一切弾かないんので、この辺りのことは良く分かりませんでした。
      なので、弾かないくせにギター奏者向けの解説動画を見て調べていました。
      それで、アンプやエフェクターについているツマミの意味が分かるようになっていきました。

      なので、アンプやエフェクターの解説動画をYouTubeなどで調べてみるといいと思います。
      調べるときのポイントですが、エフェクター名とツマミの名前を検索キーワードに入れると、
      求める情報がゲットしやすいです。
      例)エフェクター名:ディストーション、ツマミ名:ゲイン など

      >②生演奏に近づけるコツを知りたいです。

      僕の場合、リズムを刻むギターのフレーズは、ベロシティを40~50位にしぼって、
      生演奏っぽくなる工夫をしています。(僕が使っているElectri6ityというギター音源では、
      ベロシティを小さくすると、音が変わります。)

      あとは、長い音符のときは、ピッチベンドというパラメータを波型に変化させて、
      ビブラート効果を出しています。このとき、元の音の高さからちょっと音が
      下がるようにします。

      ベロシティ調整と、ピッチベンドによるビブラートをするだけでも、かなり
      生演奏っぽくなります。

      是非、試してみてください。

  3. U-topia より:

    1. バッキングギターで、コードの鳴らし方のパターンがわからずにとまどってしまうことですかね…
    2. たくさんあるギター音源の種類の使い分けとかあったらお願いします。

    1. yuta より:

      U-topiaさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >1. バッキングギターで、コードの鳴らし方のパターンがわからずにとまどってしまうことですかね…

      「コードの鳴らし方のパターン」というのが、もう少し具体的に教えていただけると
      より的確な内容をお伝えできると思います。リズムの組み方なのか、コードの選び方なのか。

      いずれにしても、自分が作ろうとしているジャンルの曲の何かしらの参考曲を用意して、
      その曲のバッキングの演奏パターンを真似して打ち込んでみると、引き出しが増えてくると思います。

      >2. たくさんあるギター音源の種類の使い分けとかあったらお願いします。

      僕の場合は、アコースティックギターか、エレキギターかという分類をして、
      それぞれで最も評判が良いものを見つけるようにしていています。

      アコースティックギターの方はまだ研究中ですが、エレキギターに関しては
      Electri6ityという音源を使っています。
      複数のギターの機種を再現しているので汎用性が高く、
      かなりリアルな音が出せるのですごく重宝しています。

      第15回のDTM講座でも詳しく触れますが、
      以下の記事で音も聴けるように紹介していますので、
      ご参考にしていただけたらと思います。

      「DTMの打ち込みでギター音源なら「Electri6ity」が凄い!!」
      http://ut-9.net/making/electri6itysugoi.html

      1. U-topia より:

        コードの鳴らし方のパターンは、ギターでいうストロークというか、リズムのパターンのほうです。失礼しました。

        1. yuta より:

          ユータです。ご返信いただきありがとうございます。

          >コードの鳴らし方のパターンは、ギターでいうストロークというか、リズムのパターンのほうです。

          詳しく教えていただき、ありがとうございます。
          ギター演奏のリズムパターンは、僕の場合、好きで聴いている曲から真似して打ち込んでいます。

          あと、定番の打ち込みとしては、けっこうシンプルなんですけど、
          「ジャージャカジャカジャカジャカ」って感じで、「4分音符×1、8分音符×6」
          というリズムをしょっちゅう打ち込んでいます。

          あとは、より凝ったリズムやストロークを調べるときは、よくYouTubeで
          ギターの弾き方講座を見て参考にしていますね。ギター弾かないのに(笑)

          参考になりましたら、幸いです。

  4. へんみ より:

    1.ギターを使ったことがないので、ぜひ使用してみたいと思います。

    2.cubaseの音源でユータさんがよく使用するギター音源はございますか?
    あればぜひ教えてもらいたいです。

    また、裏メロをつくる際にサラッとつくられていましたが、何かコツなどはあるのでしょうか?
    なかなか裏メロをつくるのに苦労してます。

    1. yuta より:

      へんみさん、いつもコメントいただきありがとうございます。

      >ギターを使ったことがないので、ぜひ使用してみたいと思います。

      ぜひとも!ギターはアイドル系の曲でも普通に使用されてますし、
      とても利用範囲は広いです。

      >cubaseの音源でユータさんがよく使用するギター音源はございますか?
      あればぜひ教えてもらいたいです。

      実は、Cubaseの内蔵音源のギター系の音はあまりリアルでなくて、
      作品としてリリースするときはほとんど使っていないんですよね(^^;
      普段は「Electri6ity」という有料のギター音源を使っています。

      ただ、仮で打ち込むときは、Halion Sonic SEというCubaseの内部音源の、
      「Heavy Metal Mutes」「Power Chords Strat」あたりは好きで
      良く使っています。

      >また、裏メロをつくる際にサラッとつくられていましたが、
      何かコツなどはあるのでしょうか?
      なかなか裏メロをつくるのに苦労してます。

      裏メロは、今でこそ難なく作れるようになりましたが、
      僕も最初は全く思いつかなかったです。

      色んな曲を聴いたり、自分なりに作ってみる中で、工夫をしてみる中
      感覚が掴めていった感じなんですよね。

      コツ…と呼べるのかというところですが、自分の好きな曲の、
      メインメロディじゃなくて裏メロに注意して聴き込んでみる、
      というのは1つの方法だと思います。

      通常、音楽を聴くときは、ほとんどの人はメインメロディしか
      認識しないです。裏メロがあっても、よく分からない。

      これは食べ物を食べるときと同じような感じで、普通の人は
      ハンバーガーを食べたら、トータルの味が「うまい!」しか
      分からず、細かいソースの種類や原料までは分からない。

      ですが、料理を作る人は、舌や香りに意識を集中させて、
      「あ、これはタルタルソースだな」「これニンニク入ってるな」
      って分かるから、自分でも同じ味を再現できるんですね。

      音楽もそんな感じで、普通は聞き流してしまうような裏メロも、
      「あ、ここはこういうフレーズがメインメロディに絡んでくるんだな」
      って認識できると、自分の曲に活かしていけるようになると
      思います。

      何分、この辺りは理屈でお伝えしてしまうと、かえってやりにくかったり、
      作っていて楽しくなかったりするので、ご自身の感覚をフルに
      発揮してみて、センスを活かしてみていただけるといいかなと思います。

      僕も、今でこそ曲作りができていますが、きちんと曲が作れるように
      なったのは大学生くらいのときからなんで(^^;)

      もちろん、すぐにできるようになるわけではないですが、
      曲を聴き込んだり、自分なりにアレンジにトライしていく内に、
      ある日突然目覚める、ということがありますので、自分のセンスと
      可能性を信じて続けてみて下さい。

      へんみさんもここまで動画にコメントいただいており、
      かなりの情熱をお持ちですので、必ず力は開花します!!応援しています(*^▽^*)

  5. Takuya より:

    1:ギターの打ち込みをする上で、難しいと感じることはありますか?
    →ボーカルのメロディラインとどう違いをつけていくかというところです。

    2:ギターの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?
    →生演奏に近づけるために少しリズムをずらしたりとかもしますか?

    1. yuta より:

      Takuyaさん、コメントいただきありがとうございます。

      >ボーカルのメロディラインとどう違いをつけていくかというところです。

      ギターらしいメロディにする、1つのポイントとして、「歌えないメロディにする」というのは効果的です。
      例えば、16分音符を多くしたリズムの細かいメロディにすると、歌のメロディとの差別化がしやすくなります。

      >生演奏に近づけるために少しリズムをずらしたりとかもしますか?

      リズムをずらしというのは、やってみたことはありますが、打ち込みでやると不自然に聴こえて
      しまう場合があり、意外と難しいですね…。
      僕の場合は、「ベロシティ」という、音符1つ1つの強弱を決めるパラメータを調整して、
      生演奏っぽくなるように工夫しています。

      参考になりましたら、幸いです!

  6. 佐々木翼 より:

    今回の動画で、初めて裏メロの概念を知りました。勉強になります。

    1:ギターの打ち込みをする上で、難しいと感じることはありますか?

     リードギターは主張が派手な分、やり過ぎると全体的に浮いちゃいそうかなと感じました。
    全体の調和の感じを掴むのが大変そうです。

    2:ギターの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?

     最近の流行りのメロディーの付け方とか有るのでしょうか?
     昔の懐メロみたいに作っちゃうと、ダサいとか思われないでしょうか。

  7. yuta より:

    佐々木さん

     ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

    >今回の動画で、初めて裏メロの概念を知りました。勉強になります。

    ありがとうございます、お役に立てて、何よりです。

    >リードギターは主張が派手な分、やり過ぎると全体的に浮いちゃいそうかなと感じました。
    全体の調和の感じを掴むのが大変そうです。

    そうですね~やはり目立ち度としては、ボーカルよりは控え目にしていきたい所ですね。
    インスト曲だったら、ボーカルの代わりにできるので、ガンガン目立たせることはできますね。

    >最近の流行りのメロディーの付け方とか有るのでしょうか?

    個人的には、メロディとか裏メロについてはそこまで流行りすたりってないかなぁと思います。
    流行りが影響するのは、どんな楽器を使うか、音色はどうかなど、アレンジの部分と考えています。

    過去に流行った曲を、現在のアレンジにリバイバルしてまた流行る、というのは音楽でけっこう多いですからね。

    例えば、2018年に流行ったDA PUMPの「U.S.A.」は、1992年に発表されたジョー・イエローによる同名の楽曲となっています。

    >昔の懐メロみたいに作っちゃうと、ダサいとか思われないでしょうか。

    メインメロディや裏メロというより、アレンジを昔の曲そのまんまにしてしまうと、「古い」「ダサい」という印象になる可能性はありますね。

    逆に、昔の曲でいい感じの歌メロがあったら、自分の曲にも取り入れてみて、今風のアレンジに仕上げたら、ダサくならないと思います。

    参考になりましたら、幸いです。

  8. iz より:

    アンケート回答です
    1.リズムギターはコードを弾くことがよくあると思いますが、そういう時はどのように打ち込んでいますか?
    2. エフェクターによってさまざまな音色にできますが、それらの使い分けや集め方が知りたいです。おすすめのものとかも知りたいです。

    1. yuta より:

      izさん

       ユータです。コメントありがとうございます!

      >1.リズムギターはコードを弾くことがよくあると思いますが、そういう時はどのように打ち込んでいますか?

      僕の場合は、2分音符や全音符など長めの音符を使って、まずは単音のメロディを作ります。
      そして、そのとき使った音を含む和音(コード)で、しっくり来るものを選びます。

      例えば、ドーミーソーというメロディを作ったら、C(ドミソ)-E(ミソシ)-G(ソシレ)-とか、(ドミ)ー(ミソ)ー(ソシ)ーといった感じです。

      最初から3和音(トライアド)以上を選ぼうとすると、同じような雰囲気の曲になりそうな気がしているので、単音のメロディから2和音・3和音・4和音…と状況に合わせて使い分けています。

      >2. エフェクターによってさまざまな音色にできますが、それらの使い分けや集め方が知りたいです。おすすめのものとかも知りたいです。

      ギターのエフェクターだと、大きく分けて2つの種類があります。

      ・変調系(主に変化をつけて音色を変えるもの)
      ・空間系(空間の広がり、奥行きを再現するもの)

      変調系の例
      ・オーバードライブ、ディストーション、ファズ…音を歪ませることができる。右にいくほど歪みが激しくなる。
      ・フェイザー…シュワシュワとした幻想的な音にすることができる
      ・フランジャー…独特のうねりを作り出すことができる
      ・コーラス…元の音にわずかに遅れた音を加えることで、音に揺らぎを与えることができる

      空間系の例
      ・リバーブ…音を響かせる効果を与えることで、広い空間などを再現することができる
      ・ディレイ…元の音に遅れて聴こえる音を鳴らすことで、やまびこ効果を作ることができる

      実際にエフェクターを使って音を出してみて、「この音ならこんな曲に合いそうだな」というイメージを膨らませて、実際に曲で使ってみていい感じだったら使う、という感じがいいかと思います。

      集め方としては、今はネットでエフェクターをかけた時の音を視聴することもできると思うので、実機でもソフトウェアでも音を聴いてみて購入してみるといいですね。

      おすすめは…すごく沢山種類がありますので、ご自身に感覚に合うものを音で体感してみつけてみてください。ちなみに僕はサビとか盛り上がるところでリバーブをよくかけています。

      参考になりましたら幸いです。

  9. 佐藤豊治 より:

    今回の講座で、一段と完成度が上がってきた感じです、
    音楽の自由さ、深さ 私にも可能で楽しむ事ができそうと!
    裏メロ、オブリガートはじめての語彙
    メインメロディの休符部分を狙っていれる
     ありがとうございました。

    1. yuta より:

      佐藤さん
       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます。
      オブリガートなど、今まで知らなかった考え方を知るとすごく世界が広がりますよね!
      より一層、音楽作りが楽しくなっていくと思います!

  10. 川向 より:

    1:ギターの打ち込みをする上で、難しいと感じることはありますか?
     奏法が沢山あって、どれが一番目的としてものに近いかを判断して、DTMに打ち込む事です。
     とりあえずは、長い音はそのまま、短い音はミュートと言えば伝わるのか、この2つの奏法で打ち込んでいます。
    ※以前メールで付属音源ではなく、有料で買ったりして、他の音源を追加とのアドバイスを頂いたので、
    無料で、よさそうなプラグインがあったので入れてみました。
    ・エレキギターは、StandardGuiter
     https://www.sakumamatata.com/2019/10/standard-guitar-metal-gtx.html
    ・ベースと、アコースティックはAmple Guitar M Lite Ⅱ
     https://oyu-sound.com/free-vst-agml-install/
     https://www.amplesound.net/en/download.asp
    付属で最初についているものと比べると、かなり良かったです!
    ありがとうございました。

    2:ギターの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?
     コードの打ち込みについて知りたいです。
     どのコードにするかを、悩んでいます。

     現在、一番よく聴こえる対象の短音に対応した、和音を入力しています。
     TAB譜だとギターの抑える位置が書いてあって読みずらいので、以下を参考に
     ピアノ譜のコード説明を使ってします。
     https://www.shinko-music.co.jp/reading_score_piano/p-3-2/
     ベロシティーは、上記のコードだと、一番下の音を大きめ他の2音~3音は、弱めにしています。
     例:ドミソなら、ドを大きめ、ミソは弱め

     コードを決めるのは、どういった感じで決めているか、可能な範囲で教えて下さい。

    1. yuta より:

      川向さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます!

      >奏法が沢山あって、どれが一番目的としてものに近いかを判断して、DTMに打ち込む事です。
      >とりあえずは、長い音はそのまま、短い音はミュートと言えば伝わるのか、この2つの奏で打ち込んでいます。

      いいですね!奏法を意識して打ち込むのは、バリエーション豊かな曲につながります。
      僕もそうしています。

      >※以前メールで付属音源ではなく、有料で買ったりして、他の音源を追加とのアドバイスを頂いたので、
      >無料で、よさそうなプラグインがあったので入れてみました。
      ・エレキギターは、StandardGuiter https://www.sakumamatata.
      com/2019/10/standard-guitar-metal-gtx.html

      ・ベースと、アコースティックはAmple Guitar M Lite Ⅱ
       https://oyu-sound.com/free-vst-agml-install/
       https://www.amplesound.net/en/download.asp

      >付属で最初についているものと比べると、かなり良かったです!ありがとうございました。

      おお!これはかなりいい感じですね!
      これで無料とは、すごい!一般の方に聴いてもらうのであれば、生演奏と比べてもほとんど遜色ないと思います。

      >コードの打ち込みについて知りたいです。 どのコードにするかを、悩んでいます。
      > 現在、一番よく聴こえる対象の短音に対応した、和音を入力しています。
      > TAB譜だとギターの抑える位置が書いてあって読みずらいので、以下を参考に> ピアノ譜のコード説明を使ってします。
      > https://www.shinko-music.co.jp/reading_score_piano/p-3-2/> ベロシティーは、上記のコードだと、一番下の音を大きめ他の2音~3音は、弱めにして>います。
      > 例:ドミソなら、ドを大きめ、ミソは弱め
      >コードを決めるのは、どういった感じで決めているか、可能な範囲で教えて下さい。

      僕は音楽理論的にカチッと理論に基づいてコードは選んでなくて、
      例えば、ドレミファソ~~みたいなメロディがあったら、
      なんとなくバックでド~~ミ~~みたいな感じでマッチする裏メロディを作って、
      あとはその裏メロディの音を構成音の中に含むコードを当てています。

      ド~~ミ~~だったら、C~~E~~とか、A~~C~~とか。
      ドに対してCはドミソのルートのドであるし、ドに対してAはラドミの真ん中にドがありますね。

      今なんとなく打ち込んでみましたけど、どっちも別に変に聴こえなかったんで、かなり感覚的ですが、こういうやり方もありかな~って思っています。

      あと僕の場合、必ずしも3和音以上にすることはなくて、2和音もよく使っています。
      2和音のときも上記とどうよう、元となる裏メロがあって、それにマッチする2つ目の音何かな~って選んで打ち込んでますね。

      大体半音3か4か5か7離れた音だったらきれいに響くんで、主にその中から選んでいます。
      (半音1はピアノでいうすぐ隣の鍵盤の音との差)

      ご参考になりましたら幸いです。

  11. 和田 より:

    1:ギターの打ち込みをする上で、難しいと感じることはありますか?
    ギターの打ち込みで頭を悩ませるのは、ミキシングです。動画のようにパンを左右に振ってしまうだけでもマシになりますが、それだけだとただうるさいだけになってしまいます。最近になって、ようやくミキシングについて勉強し始めたので、どうしたらうるさくないギターが打ち込めるか模索していきたいと思います。(そもそもうるさい原因がミキシングしてないからなのかわかりませんがw)

    2:ギターの打ち込みについて、他に知りたいことはありますか?
    ギターと一口にいっても、アコースティック、ナイロン、ディストーション、カントリー、オーバードライブと色々あり、ちゃんと音色を選ばないと曲の雰囲気がガラリと変わってしまいます。
    (もちろん全部音源の名前に出てくるから知っているだけですwあと、ベースと同じく、種類と奏法の違いがわからないwスラップベースというベースがあるんだと思ってました。調べればすぐわかるけど)
    以前の質問でも述べましたが、打ち込みよりも、音色選びに頭を悩ませることのほうが多いですね。

    1. yuta より:

      和田さん

       ユータです。動画講義にコメントいただき、ありがとうございます。

      >ギターの打ち込みで頭を悩ませるのは、ミキシングです。動画のようにパンを左右に振ってしまうだけでもマシになりますが、
      >それだけだとただうるさいだけになってしまいます。最近になって、ようやくミキシングについて勉強し始めたので、
      >どうしたらうるさくないギターが打ち込めるか模索していきたいと思います。(そもそもうるさい原因がミキシングしてないからなのかわかりませんがw)

      とりあえず単純に音量を下げてみる、下げてみてもうるさい感じだったら、音色によるものの可能性があります。
      高域が派手でうるさかったら、イコライザで高域をカットする。
      歪みが強すぎてうるさいようであれば、歪みの少ない音色を選ぶか、エフェクターで調整できるなら歪みのパラメータを押さえる。
      そんな感じですかね~。
      原因が分からないので、それっぽいことを羅列してみました!

      >ギターと一口にいっても、アコースティック、ナイロン、ディストーション、カントリー、
      >オーバードライブと色々あり、ちゃんと音色を選ばないと曲の雰囲気がガラリと変わってしまいます。
      >(もちろん全部音源の名前に出てくるから知っているだけですwあと、ベースと同じく、種類と奏法の違いがわからないwスラップベースというベースがあるんだと思ってました。調べればすぐわかるけど)
      >以前の質問でも述べましたが、打ち込みよりも、音色選びに頭を悩ませることのほうが多いですね。

      自分の頭を整理する意味でも、まとめてみます。

      アコースティックギター…弦が鉄製(スチール)なので、キラキラ、シャリシャリした音がなる。現代的なポップスで、弾き語りなどに使われる。

      ナイロンギター…弦がナイロン製で、クラシックギターとも呼ばれる。スチール弦のギターに比べ、温かみのあるやわらかい音がなる。フラメンコ、ボサノヴァなど、古くから存在する伝統的な音楽や地域固有の音楽に使われやすい。実はエレキギターのように電気を使わないという意味では、ナイロンギターもアコースティックギターの分類になる。

      ディストーションギター…ディストーション(=歪み)ということで、歪みがかかったエレキギターの音色。オーバードライブも歪みをかけるものだが、ディストーションの方がより積極的に歪ませる傾向にある。

      カントリー…カントリーミュージックはアメリカのフォークソングで、ジャンル名になる。カントリーミュージックに合う音色。基本的にはアコースティックギターと思われるが、カントリーミュージックにはエレキギターも使われるので、一概には言えないかも。

      僕もあまり意識せずギターの音色を選んでましたが、ちゃんと調べてみると作りたいジャンルに合わせて適切な音色を選びやすくなりますね!

コメントを残す