音ゲーでイライラ/ストレスを感じる原因と心から楽しむメンタルの作り方

ゲームセンターで音楽ゲーム(音ゲー)をやっていると、ストレスが溜まってしまうことはありませんか?

僕は、以前やればやるほど、ストレスを溜めてしまうことがありました。

しかし、現在はその原因も分かり、適切に音ゲーを楽しめるようになりました。

そこで今回は、音ゲーがストレスになってしまう原因と、心から楽しめるメンタルの作り方について説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

無料:パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

音ゲーでイライラやストレスを感じる原因

僕の経験上、音ゲーをやっていてストレスを感じ、楽しめないのは、以下の2つが原因です。

 スコアを意識しすぎている

音ゲーは、音楽のリズムに合わせて、タイミング良くボタンなどを押すゲームです。

 

多くの場合、上手くプレイ出来るほど、スコアが高くなります。

思い通りのスコアが取れると、楽しいし達成感があります。

 

しかし、思い通りのスコアが取れないと、欲求不満になってしまいます。

それが長続きせず、すぐにステップアップできて、いいスコアが取れるなら問題ありません。

 

しかし、スランプに陥ったり、実力が停滞したりすると、思うようなスコアがずっと取れなくなります。

 

このような状況で、スコアにばかり意識が行っていると、中々改善されないのでストレスが溜まってしまいます。

周りのプレーヤーと自分を比較しすぎている

もう1つ、ストレスになる原因となるのが、「周りのプレーヤーと自分を比較しすぎている」というものです。

仮に、自分が思うようなスコアを取れたり、実力がついていたとしても、上には上がいます。

本当に、キリがない位上手い人がいるんです。

 

そして、もし身の回りに自分より上手い人がいて、実力を自分と比較すると、必ず差を意識してしまいます。

そのため、どんなに上手くなったとしても、「自分は上手くない」と思ってしまいます。

これによって、自尊心が満たされず、ストレスを感じてしまうのです。

無料:パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

音ゲーを心から楽しむメンタルの作り方

それでは、どうすればストレスを貯めずに音ゲーを楽しむことができるのでしょうか。

以下、僕が今までやってきた対策を紹介します。

スコアは、ゲームを楽しむための手段と捉える

そもそも、音ゲーは「ゲーム」です。

ゲームは、遊ぶため、楽しむためにやるものです。

なので僕は、高いスコアを取ったり、それを目指していくのはゲームを楽しむための手段と捉えるようにしています。

 

スコアに過剰になってストレスを溜めてしまうのは、「ゲームを楽しむ」という目的と、「スコアを取る」という手段が逆転してしまうために発生します。

しかし、「スコアを取る」ことが目的になってしまったとしても、自分の心に「楽しみたい」という欲求があるのは変わりません。

そのため、調子が悪かったり、成長が止まってしまうと、スコアが延びず欲求不満になるのです。

 

ですが、そんな場合でも、「ゲームを楽しむのが目的」というスタンスを変えないようにします。

この目的に沿ってプレイしていれば、自ずとスコアを取る以外にゲームを楽しむ方法を探し出します。

 

僕の場合、スコアは一旦置いておいて、気ままにその日の気分でやりたい曲を遊ぶようにしていました。

他にも、普段絶対選ばないような曲をプレイしたり、いつもと違う遊び方をしたりして楽しむことができます。

 

僕が大好きな、「beatmaniaIIDX(ビートマニアツーディーエックス)」という音ゲーがあります。

このゲームでは、様々なゲームオプションを選ぶことで、いつもと違う遊び方をすることができます。

「beatmaniaIIDX」について詳しくは、下記の記事で詳しく書いていますので、興味があれば是非読んでみてください。

「”デラックス”な筐体が最高の音ゲー「ビートマニアIIDX」の魅力」

 

このように、「ゲームを楽しむ」ということに意識を向ければ、楽しめる方法がいろいろと見つかってきます。

周りと比較しないような環境で遊ぶ

どんなに上達したとしても、周囲に自分より上手い人がいたら、気になってしまう場合もあると思います。

僕の場合は、負けず嫌いが激しいので、よく身近なプレーヤーとの実力が気になりました。

そのような人を目標にして、自分がレベルアップするなど、プラスな捉え方ができれば問題はありません。

 

しかし、どうしてもネガティブな気持ちになってしまう場合は、物理的に距離を置くといいです。

つまり、周りと比較しなくてもいいような環境で遊ぶということです。

 

具体的には、気になってしまう人がゲームセンターに来る時間が分かっているなら、時間をずらして遊びに行くといいです。

もしくは、知っている人がいないゲームセンターに行くのもいいです。

僕はそのようにして、気になってしまう人と距離を取って、ストレスを溜めないようにしてきました。

これは、メンタルの作り方というより、ストレス源からの回避という感じですね。

無料:パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

まとめ

ここまで説明してきたように、音ゲーをやっていてストレスを感じるのには原因があります。

しかし、それに適切に対処すれば、これまで通り楽しい音ゲーライフを続けることができます。

是非、試してみてください。

 

最後になりますが、僕は音ゲーをやり込んだ末、パソコンで作曲するDTMにもハマっちゃいました。

音ゲー好きで、作曲にも興味をお持ちでしたら現在、DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

興味があれば是非、チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ