僕たちが考えた結婚式・披露宴のアイデア

皆さんは、結婚式や披露宴を挙げるなら、どのようなものにしたいですか?

人生のビッグイベントである結婚式、忘れられないものにしたいですよね。

 

しかし、基本的に結婚式は誰もが初体験です。

どんな風にしていけばいいのか、全くわからないところから始まります。

 

僕たちも同じように、何もわからないところから地道に調べて、一生懸命考えました。

その結果、最高の結婚式を挙げることができたと思っています。

 

そこで今回は、僕たちが考えた結婚式のアイデアについて説明します。

 

レストランで結婚式を行う

教会やホテルなど、結婚式を挙げることが出来る会場はいくつかあります。

僕たちはその中で、レストランで式を挙げることにしました。

 

理由はいくつかありますが、一番大きかったのは自由度が高かったことです。

そして、アットホームな感じが自分達の思い描くイメージに合っていたためです。

 

ホテルの場合、決まりごとがあるなど、形式ばった感じになってしまいます。

そのため、ホテル側の想定する結婚式に合わせていく感じになります。

 

しかし、レストランであれば、向こうからの提案はあっても決まり事はほとんどありません。

なので、自分達のイメージする式を作り上げていくことができます。

 

余興は自分達で準備する

結婚式といえば、楽器演奏や歌など、様々な余興をすると思います。

こういったことを、親しい友人に頼むことが一般的です。

 

しかし、僕たちは敢えて人に余興を頼まず、自分達で準備する形にしました。

そのようにしたのは、来てくれた人に純粋に楽しんでもらえるような、おもてなしをしたいと思ったからです。

 

誰かに余興してもらうとなると、けっこう準備が大変なのではないかと思います。

そのため、クイズ大会を全部妻と二人で準備したり、ローストビーフをカットしたりするなど、来てくれた人全員に負担を感じさせないものにしました。

 

小物を作る

ホテルでは飾りに使う小物など、自分達が用意したものを持ち込む場合、基本的に持ち込み料がかかります。

しかしレストランの場合、持ち込み料がかからないことが多いです。

 

僕たちが式を挙げたレストランも、基本的に持ち込み料はかかりませんでした。

そのため、自分達で作れるものは、可能な限り用意しました。

僕たちが用意したのは、主にこんな感じです。

 

フラグガーランド(旗の形の天井飾り)

 

席次表(兼メニュー表、席札)

 

ウェルカムボード

ウェルカムドール(家にあった猫の人形に衣装をつけました)

 

 

折り鶴ガーランド(入り口にかけました)

 

くす玉(席札に添えるものを妻が作りました)

 

いちごのキャンデーのいちご畑

(既製品のキャンデーをいちご狩りをイメージして配置)

 

これらは、全て自分達で制作したものです。我ながら、かなり作ったなと思います。

 

フラグガーランドとは、三角形の旗をつけた飾りのことです。

レストランの中庭に飾る用で、合計15メートルほどの長さを作りました。

これが、けっこう大変でした。

布を買って、切って接着剤で紐にくっつけるのですが、この単純作業にかなり苦労しました。

 

しかしその分、好きな色や模様を選ぶことができました。

フラグガーランドは、他にはこんなものも作りました。

おかげで、オリジナルの会場の装飾をすることができたのです。

フラグガーランドは、単純なものではありますが、会場の雰囲気作りにとても役立ちます。

 

他にも、会社の休み時間に折り鶴を折ったこともありました。

苦労しましたが、このように自分達で手作りのものを用意すると、味があって雰囲気のある会場を演出することができます。

一つ一つ作っていくのは大変ですが、その分自分達も楽しめるし、思い出にもなります。

 

クイズ大会を行う

クイズ大会の様子

余興らしいものとしては、自分達に関する4択クイズを行いました。

 

クイズは、プレゼンテーション形式で行いました。

内容としては、こんな感じです。

 

・妻が持っているぬいぐるみの数

・お互いの最初のプレゼントの内容

・最初のドライブデートで起きた事件

・二人が共通で好きなもの

 

このような内容なので、自分達の紹介にもなります。

 

ちなみに、このクイズの司会は僕がやりました。

テーブル対抗で行い、得点の集計は妻が担当しました。

 

このときは、大学時代に培ったプレゼンの技術がいかんなく発揮できました。

こんなところで、学生時代の経験がいかせるとは思ってもみませんでしたね。

 

妻と協力しながら余興できたので、自分達も楽しむことができました。

 

ローストビーフを切る

肉を切る僕。

肉を盛る僕。

これは、会場で提案していただいた余興なのですが、ローストビーフを目の前でカットするというものをしました。

 

シェフ姿になって、両親のために僕がローストビーフをカット。

カットしたお肉を、エプロン姿になった妻が両親の元まで運ぶというものです。

 

これには、両親にとても喜んでもらいました。

 

また、このとき妻が使ったエプロンは、普段でも使っています。

そのエプロンをつける度、結婚式の思い出が思い出されるので、とても印象的なイベントとなりました。

 

プロフィールムービーを作る

自分達で作ったムービーを、最前列で見ることができました。

 

結婚式でよく流れる、お互いの幼いころからの写真が流れるプロフィールムービー。

これも、自分達で作りました。

 

作るのは以外と簡単で、Windowsに標準で入っているWindows Movie Makerというソフトを使いました。

 

BGMには、ある落ち着いたピアノの曲を使っていました。

実はそれは、以前一緒にサークル活動をしていた友人が数年前に作曲していたものでした。

元々は、ロック系の曲でした。

それをこっそりピアノ曲にアレンジして、プロフィールムービーの最後に使ったんです。

これは、友人への大きなサプライズとなりました。

 

まとめ

このように、自分達の結婚式では、可能な限り自分達の色を出して作り上げました。

 

かけがえのないビッグイベントを、最高のものにするアイデアの参考にしていただけたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

飾りに使う小物などです

関連ページ