僕が意識した、結婚相手への3つのアプローチ

世の男性にとって、一世一代の重要イベントと言えば結婚だと思います。

 

この結婚というものは中々大変で、まず意中の人との出会いからはじまります。

そこからその人に、「この人なら一生一緒にいても大丈夫!」と確信してもらうまで絶大な信頼を得なければなりません。

パートナーからそんな信頼を得られるまで、男性はいろんなアプローチをしていきます。

 

僕は、30才のときに結婚しました。

結婚するまで、27才から3年間交際をしたのですが、実はそれまで10年間僕には恋人がいませんでした。

 

はっきり言って、女性へのアプローチの仕方なんてほとんどわからない状態ではじまったお付き合い。

しかし僕なりにいろいろな形でアプローチをかけ、3年間の交際を経て無事結婚に至りました。

 

そこで今回は僕が実践してきたもので、自分なりに「これは良かったな」と思えるものを3つご紹介します。

 

お店にいく道順は下見をするか、Googleストリートビューで事前確認

(Google ストリートビューより引用)

1つ目は、食事に行くお店は事前に決めておいて、当日迷わないように事前に下見をしたことです。

また、下見に行く時間が無い場合はGoogleストリートビューで道順を確認しました。

 

こうしておけば、当日道に迷うこともなく、余計な時間を取ることも無くなります。

また、さも前から知っているお店と相手に思わせ、頼れる人柄を醸し出すことが出来ます!

 

デートは毎回違うところに行く

2つ目は、「またここ?」などと幻滅されることの無いよう、デートの場所は毎回変えたことです。

調べれば、意外にいろんな場所が見つかります。

 

僕と妻の場合、自然や緑を見るのが好きだったので、自然公園系はかなり回りました。

 

自然公園でオススメなのは東京都の立川にある昭和記念公園です。

この公園はものすごく広くて、一日では回りきれないほどです。

自然公園は四季の移ろいが感じられるので、季節毎に来ても楽しむことができるのでいいと思います。

 

自分が得意な分野で相手が喜ぶことをする

3つ目は、自分の得意なことをして、相手に喜んでもらえるようにすることです。

僕は、小さい頃から紙工作が本当に大好きでした。

今でも、きれいな厚紙を見るだけで「何かに使ったり、作ったり出来ないか」と、テンションが上げまくるほどです。

 

そんな自分の得意分野を活かして相手が喜ぶことが出来たら、とても良いのでは無いかと思いました。

そこで、僕はクリスマスプレゼントに添える形で、自作の飛び出すクリスマスカードをプレゼントしました。

 

妻はけっこうなゲーム好きで、なかでもnamcoより発売されているテイルズオブシリーズが大好きでした。

 

そして、当時彼女がプレイしていた「テイルズオブエクシリア」というゲームに登場する

「エリーゼ」と「ティポ」というキャラクターをあしらった飛び出すクリスマスカードを作りました。

はじめに作った飛び出すカード

これがとても好評で、次の年もさらに進化したクリスマスカードを作りました。

第二段がこちら

このときのクリスマスカードは、かなり手をかけました。

妻が好きなキャラクターがサンタに扮して空とぶそりに乗り、プレゼントの袋の中には妻が大好きなぬいぐるみのキャラクターを入れました。

さらに、キャラクターの人形は指輪入れになっており、その中に婚約指輪を忍ばせたのです。

これには、妻にとても喜んでもらいました。

相手に取って自分が世界にただ一人の存在だと思わせる

結婚に至るまで、いろいろなことをしてきましたが、常に考えていたことは、

「自分が相手にとって世界にただ一人の存在だと思ってもらう」ということでした。

 

「これだけのことをするやつは他にいない!」そんな風に思ってもらえたら、ごく自然に結婚ができるのでは無いかと思います。

 

まとめ

ここまで紹介してきたように、特に結婚を前提にお付き合いする女性に対しては、以下のアプローチが効果的です。

・お店にいく道順は下見か、Googleストリートビューで事前確認

・デートは毎回違うところに行く

・自分が得意な分野で相手が喜ぶことをする

・相手に取って自分が世界にただ一人の存在だと思わせる

 

これを意識して接していれば、付き合っている人から大きな信頼を得ることが出来ると思います。

 

是非とも、試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


関連ページ