Cubaseの書き出し・オーディオミックスダウン・バウンス・MP3 EXPORTの方法

Cubase上で曲を作っているときは、Cubase上でしか曲を聴くことができません。

そのため、最終的に作った曲を、音声として聴けるMP3などのオーディオデータとして書き出す必要があります。

これは、「オーディオミックスダウン」「ミックスダウン」「バウンス」などとも言います。

 

これによって、CDに書き込めるデータにしたり、パソコンや音楽プレーヤーで聴いたりできるようになります。

また、インターネットを通じて、誰かに曲を送って感想を聴くことも出来るようになります。

 

ただ、DTMをはじめたばかりの頃は、どうやってオーディオデータとして書き出せばいいのか分かりにくいと思います。

僕も最初は、すぐに方法が分かりませんでした。

 

しかし、現在はその方法が分かるようになり、複数の用途で書き出しを使えるようになりました。

そこで今回は、Cubaseにおけるオーディオミックスダウンの用途や方法について説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

書き出しの手順

以下、Cubaseにおけるオーディオ書き出しの手順について説明します。

 

書き出し範囲を指定する

まず、「どこからどこまでの範囲を出力するか」を指定する必要があります。

これをしないと、書き出しが出来ません。

書き出し範囲の指定には、ロケーターと呼ばれるカーソルを使います。

 

ロケーターによる範囲指定の方法については、下記の記事にまとめています。

こちらも 是非、ご覧下さい。

「Cubaseの使い方【入門編】ロケーターの意味・使い方」

 

ロケーターで書き出しの範囲を指定すると、下記のようになります。

 

このとき注意したいのが、書き出し終了地点は、最後に打ち込んだMIDIノートよりも、少し余裕を持たせるということです。

MIDIノートは、音符のようなものです。

これはなぜかというと、MIDIノートが終わった後でも、残響成分が残ることがあるからです。

残響は、音の響きです。

残響が残ってる状態で終わってしまうと、突然音が切れたようになり、不自然になります。

そのため、音を鳴らしながら、残響が収まったところを書き出し終了地点とするといいです。

書き出しの画面で、設定を確認する

次に、画面上部のメニューから、「ファイル(F)」→「書き出し(E)」→「オーディオミックスダウン…(A)」を選択します。

そうすると、下記の画面が出てきます。

以下、書き出しの設定を確認します。

チャンネルの選択

まず、左上の「チャンネルの選択」で、「Stereo Out」にチェックが入っていることを確認します。

これにチェックを入れることで、L(左)とR(右)の2チャンネルステレオの音源を出力することができます。

ファイルの場所

次に、右上の「ファイルの場所」の欄で、ファイル名と保存場所を指定します。

上側の「名前」のところで、ファイル名を入力します。

曲名を入れるのが、分かりやすいです。

 

その下の、「パス」というところでは、パソコンのどのフォルダに保存するかを指定します。

自由に場所を指定することもできますが、オススメはプロジェクトのオーディオフォルダーにすることです。

下記の通り、右側にある「▼」マークをクリックして、「プロジェクトのオーディオフォルダーを使用」を選びます。

これによって、プロジェクトファイルがあるフォルダにある、「Audio」という名前のフォルダが保存場所に指定されます。

プロジェクトフォルダの中なので、後で見失いにくいです。

ファイル形式

次に、どのようなファイル形式で保存するかを選択します。

下記の通り、いくつか選択できますが、基本的に「Waveファイル」で問題ないです。

Waveファイルは、音声の波形の形がそのまま出力される、無圧縮の形式です。

これに対して、「MP3ファイル」などは、圧縮データです。

これは、人間の耳で聴いても違和感の無いレベルで、波形を簡略化してデータ容量を軽くするものです。

容量が軽いので、メールで送ったり配信サービスでよく使われます。

 

MP3ファイルで保存したいとき、お持ちのCubaseのバージョンで、この画面で選択できる場合があります。

もし出来なければ、Waveファイルで出力した後、無料ソフトでMP3ファイルに変換することもできます。

いくつかソフトはありますが、僕は「RealPlayer」というソフトを使っています。

 

その他、下記赤枠内のチェック項目は、チェックなしで特に問題ありません。

オーディオエンジン出力

ここは、音質を調整したり、ステレオかモノラルかを設定するところです。

 

サンプリングレートは、どれ位の時間的頻度で、音のデータを記録するかというものです。

これは、一般的に44.100kHzが使われているので、この値にします。

また、ビット深度は音量変化をどれくらい細かく表現するかの値です。

ここは、16Bitか24Bitで問題ないです。

特に、CDに記録する場合は、規格が16Bitと決まっていますので、16Bitを選択します。

 

その他のチェックボックスは、オフで問題ないです。

その他の設定

下記赤枠内の「プロジェクトに読み込む」は、出力した音声をプロジェクトに読み込むかどうかの設定です。

オーディオデータを書き出すだけなら、必要ありませんのでチェックを外します。

 

その他、「ポストプロセス」は「なし」でOK。

「書出し完了後ウィンドウを閉じる」「表示を更新」は、正直好みによりますが、どっちもチェックありでOKです。

「書出し完了後ウィンドウを閉じる」をチェックありにすると、書き出し処理が終わると下記画面が閉じます。

「表示を更新」をチェックありにすると、書き出し中のCubaseの画面がリアルタイムで見れるようになります。

以上の設定を確認したら、「書き出し」ボタンを押します。

以下のような、処理状況を示す画面が出ますので、100%になったら処理完了です。

以下のように、保存先フォルダに指定したファイル名でオーディオデータが出力されます。

DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

まとめ

ここまで説明してきたように、書き出し範囲を指定することで、オーディオデータを出力することができます。

是非、試してみてください。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ