Cubaseでの曲作りの操作性を上げる「スナップ機能」とは?


こんにちは、絶対に楽器を弾かないミュージシャンのユータです。


Cubaseにスナップ機能というものがあるのを知っていますか?

スナップ機能は、左右のカーソルなどの位置を、区切りのいい所に自動で補正してくれる便利機能です。

これを使えば、曲作りのときに効率的にCubaseを操作できるようになります。

 

ただ、Cubaseを使い始めたときはどのような場面で便利に使えるのか、分からないと思います。

僕も最初は、スナップ機能についてよく分かりませんでした。

しかし、曲をいくつも作っていく中で、どんな場面で使えるものなのかよく分かっていきました。

 

そこで今回は、スナップ機能の使い方や、使用場面について説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

スナップ機能とは?

スナップ機能は、Cubaseで様々な編集作業をするときに、カーソルなどの左右位置を思った位置に決めやすくなるものです。

左右方向の、位置補正機能と言えます。

 

例えば、曲の再生開始場所を決める縦棒のカーソルの位置を決めるとき、スナップ機能がオフだと下記のようになります。

画面上部の目盛りがあるところをクリックすると、その位置にカーソルが移動します。

この場合、例えば区切り良く1小節目や2小節目から再生しようとしたとき、ぴったりとした位置が合わせづらいです。

小節は、4拍子の曲なら4拍分のリズムが入る作曲の基本単位です。

下記のように、画面上の方にある番号は「小節番号」です。

 

そこで、スナップ機能をオンにすると、下記のようになります。

上記の様に、1小節目の区間のどこかをクリックすると、自動で1小節目の頭にカーソルが移動してくれるのです。

そのため、カーソルの位置合わせがしやすくなります。

 

スナップ機能による位置合わせは、小節単位以外に、もっと細かい単位で行うこともできます。

また、位置を揃える先や、揃え方も設定によって変えることができます。

これによって、Cubaseでの様々な編集時に効率的に作業を進められるようになります。

 

スナップ機能の使い方

スナップ機能をオンにする

スナップ機能をオンにするには、上記の様な、画面上部にある「>:<」マークをクリックして点等させます。

これで、位置の自動補正がオンになります。

 

スナップのタイプを設定する

次に、上記赤枠内の、先ほどクリックしたところの右隣をクリックします。

ここでは、位置合わせのタイプを指定できます。

下記のように様々ありますが、「グリッド」を選べば問題ありません。

グリッドの間隔を設定する

先ほど、スナップのタイプを「グリッド」にしたので、どんなグリッド幅にするかを設定します。

これは、画面によって少しやり方が変わります。

 

プロジェクトウィンドウの場合

プロジェクトウィンドウですよ

プロジェクトウィンドウは、全体を見渡せる上記の画面です。

 

下記のように、画面の上の方にある下記赤枠内をクリックします。

スナップのタイプを設定したところの右辺りにあります。

そうすると、下記のように表示されます。

グリッドの幅は、以下の3つから選べます。

・小節

・拍

・クオンタイズ値を利用

 

■「小節」を指定した場合

小節を選ぶと、位置補正を小節単位でしてくれます。

この場合、冒頭で紹介したように、下記のようにカーソルを移動するときの位置補正をしてくれます。

他に、下記赤枠内の音符が入力されている「MIDIイベント」に対する、移動などの操作も小節単位で行われるようになります。

 

■「拍」を指定した場合

「拍」を選択すると、先ほどの「小節」より細かいグリッドで位置補正をしてくれます。

4拍子の曲なら、1小節が4つに分割されます。

そのため、「拍」の方が「小節」よりも4倍細かい目盛りで補正をしてくれることになります。

 

■「クオンタイズ値を利用」を指定した場合

「クオンタイズ値を使用」を選ぶと、「拍」よりもさらに細かい単位で位置補正ができます。

 

これを選んだ場合、さらに右側の方にあるクオンタイズ値を選びます。

下記赤枠内をクリックすると、クオンタイズ値を選べます。

ここで選ぶクオンタイズ値は、「1小節を何等分に分割しますか?」というものです。

例えば、上記の中で「1/4」を選べば、1小節を4等分した幅がグリッド幅となります。

この場合、4拍子なら「拍」と同じグリッド幅になります。

「1/8」なら8等分なので、「1/X」はX等分という感じです。

 

上記の画像の下の方に、ちょっとイレギュラーな「3連符」や「付点」というのもあります。

ただ、スナップのグリッド間隔としては、これらはほとんど使わなくても大丈夫です。

なので、ここでは気にする必要はありません。

 

ピアノロール画面の場合

ピアノロールの画面です

実際に打ち込みを行う、上記のようなピアノロール画面では、グリッドの幅の指定の仕方が少し変わります。

とは言っても、操作の仕方は同じです。

ピアノロール画面は、プロジェクトウィンドウより細かい、音符単位の編集をする画面です。

そのため、下記の通りグリッド幅の指定方法に、「小節」や「拍」はありません。

クオンタイズ値を使うことによってのみ、グリッド幅を指定できます。

まとめ

ここまで説明してきたように、スナップ機能を使うと左右の位置補正が自動ででき、効率的に作業を行うことができます。

是非、試してみてください。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ