Cubaseのインストゥルメントトラックの使い方


こんにちは、絶対に楽器を弾かないミュージシャンのユータです。


Cubaseでの作曲は、トラックという単位で行っていきます。

打ち込みをする場合は、「インストゥルメントトラック」と「MIDIトラック」の2種類を使うことができます。

インストゥルメントとは「楽器」の意味であり、インストゥルメントトラックはどんな音か、楽器かを表す音源のデータもセットになっているトラックです。

 

一方、「MIDIトラック」は、音源データは入っておらず、楽譜だけのようなトラックです。

2種類のトラックの特徴や使い分けについては、下記の記事に詳しくまとめていますので、こちらをご覧ください。

「Cubaseの使い方【入門編】打ち込みで使う2種類のトラック」

 

本記事では、インストゥルメントトラックの使い方について説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

インストゥルメントトラックの使い方

まずは、Cubaseを起動して、空のプロジェクトを作成しておきます。

プロジェクトの作成方法は、下記の記事にまとめていますので、こちらをご覧下さい。

「Cubaseの使い方【入門編】プロジェクトファイルの作成・保存」

 

インストゥルメントトラックを追加する

プロジェクトを作成したら、下記の赤枠内で右クリックして、「インストゥルメント トラックを追加」を選択します。

もしくは、下記の様に画面上部のメニューから、

「プロジェクト(P)」→「トラックを追加(A)」→「インストゥルメント…(I)」を選択してもいいです。

すると、以下のような画面が表示されます。

左の赤枠の「カウント」は、追加するインストゥルメントトラックの数です。

ひとまず、初期値の「1」で大丈夫です。

複数のトラックを同時に追加したいときは、2以上にします。

隣の赤枠の「インストゥルメント」は、Cubaseに入っている音源の種類を選ぶところです。

ここでは、Cubaseに最初から入っているドラム音源、「Drum – Groove Agent One」を選択します。

カウントとインストゥルメントを決定したら、「トラックを追加(a)」を押します。

インストゥルメントは、初期値の「インストゥルメントなし」のままにして、後から決めることもできます。

下記の様に、インストゥルメンタルトラックが追加されたらOKです。

インストゥルメントトラックの場合、上記赤枠内の左上がピアノの鍵盤のようなアイコンになっています(下記)。

ちなみに、トラックが選択された状態で、下記赤枠内をクリックすると、後から音源を変更することができます。

トラックが作成できたら、メロディを打ち込んでいくことが出来るようになります。

打ち込みの方法は、以下の記事にまとめていますので、こちらをご覧下さい。

「Cubaseの使い方【入門編】ピアノロールによる打ち込み」

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ