デート経験ほぼなしの俺でも結婚できた、女性との付き合い方

恋愛経験が少ないと、

女性とどう付き合っていいか、

分からないと思う。

 

俺も以前は、女性と

付き合うのはおろか、

まともに話をするのすら

緊張してしまう

シャイボーイだった。

 

もちろん、恋愛経験も

少な目だ。

 

しかし、そんな俺でも

結婚することができた。

 

現在の妻と付き合う前は、

一度だけ高校生のときに

付き合った人はいたが、

一度もデートをせず、

数か月で別れた。

 

そんな感じだったので、

ちゃんと付き合った人と

デートに出かけるのは

妻が初めてだった。

 

しかし、俺は俺なりに

がんばって…

最終的に結婚できた。

 

そこで今回は、

デートなど、

女性とどんな風に

付き合っていくと

いいか、話したいと思う。

 

「どうしたら喜んでもらえるか」

を考える

妻と付き合っているときは、

どうしたら喜んでもらえるか、

それをいつも考えていた。

 

例えば、デートに行く場所も、

「ここに行けば楽しんでもらえるかな」

といつも考えていた。

 

俺も、妻も、緑や自然を見るのが

好きなので、自然公園や

庭園、植物園はよく行った。

 

このとき、相手も喜びつつ、

自分も楽しめるところに

した方がいいと思う。

 

自分が楽しんでいないと、

相手にいい気分に

なれないからだ。

 

どっちかが我慢しないと

いけないような場所なら、

自分一人で行くか、

他の友達と行けばいい。

 

せっかく付き合って

いるのだから、

お互いが共通して

楽しめるところに

行くのがいい。

 

これは、例えば

映画を見るときも

同じだ。

 

俺は、けっこうホラー系の

映画は好きだ。

 

しかし、妻がホラーが苦手なので、

一緒のときは見ないようにした。

 

自分が好きだからと言って、

相手も同じように好きとは

限らない。

 

どんな場所に行くか、

どんな映画を見るか、

事前に相手に聞いてみて、

「ここでいい?」

と確認するといい。

 

デート地は下見に行く

俺がよくやっていたのは、

「デート地に下見に行く」

というものだ。

 

これをやっておけば、

初めて行く場所でも

迷うことがなくなる。

 

無駄なく相手を先導すれば、

安心してデートを

することができる。

 

とはいえ、実際に下見に

いかなくても、

今はインターネットで

下見をすることができる。

 

俺はよく、Googleストリートビューで、

目的地までの景色を事前に

確認している。

 

これをやっておけば、

さも知っている土地かのように

振舞って、相手をエスコートできる。

お店は良い所を選ぼう!

デートの途中、食事に

入るお店は、いいお店を

選ぼう。

 

とはいえ、やたら高いお店に

しなくてもいい。

 

デートしたときにしか

入らないような、

珍しくてオシャレな

お店なら、

特別な体験ができて

楽しめる。

 

だから、

チェーン店や

やたらと安いお店は

避けた方がいい。

いつでも入れるからね。

 

食事場所は第三候補まで

確認する

俺はかなり慎重派なのか、

デート中の食事場所は、

お店が満席だったり、

空いていなかったことを

考え、第三候補まで

確認をしていた。

 

そのおかげあって、

当日入れないお店が

あったときに、

サッと次のお店に

向かうことができた。

 

食事は割り勘か、おごりか

あと、デートのときの食事は

割り勘にするか、おごりにするか、

という話もある。

 

これは、相手の人に確認して、

双方が納得できる形に

すればいい。

 

男女関係なく、人によって

考え方は違う。

 

ちなみに、俺の時は

二人とも割り勘派だった。

 

まとめ

ここまで説明してきた感じで、

俺は妻とデートをしてきた。

とても楽しかったよ!!

是非、試してみてほしい。

関連ページ