恋愛に奥手な男でも、ちゃんと付き合えるし結婚もできる。

世の中には、

積極的に女性に

アタックしていく男も

いれば、

 

好意はあっても

なかなか行動できない

奥手(おくて)な

男もいる。

 

ちなみに俺は、

どちらかというと、

後者の立場だ。

 

しかし、たとえ恋愛に

奥手であろうとも、

恋愛はできるし、

結婚することもできる。

 

俺は妻と出会ったのは

27歳の時で、

30歳のなって結婚した。

 

妻と出会うまでは、

10年間恋愛を

していなかった。

 

高校生の頃に一度だけ

付き合ったことがある位で、

決して恋愛上手というわけでは

無かった。

 

あまりに自分に女っ気がなく、

「本当に結婚できるのか?」

と思ったほどだ。

 

しかし、奥手な男子は、

ちょっと見方を変えれば

プラスに捉えることが

できる。

 

基準が高いかも?

奥手な男は、

下手に行動して

傷つきたくないという

気持ちもあるかもしれない。

 

しかし、その一方で、

「女性に対する基準が高い」

というものがあるかもしれない。

 

つまり、「誰でもいいよ」

というわけではないという

ことだ。

 

もし、「自分には常に

恋人が居ないと嫌だ!」

と思っていたら、

ある程度どんな女性とでも

付き合えるようにする

必要がある。

 

さすがに、誰でもいいという

わけではないだろうが、

ある程度恋愛対象に

幅を持たせないと、

 

「常に付き合っている

女性がいる」

とい状態にはできないだろう。

 

一方、本当に自分に

合った女性としか、

付き合いたくないと

思っているのかもしれない。

 

実際、妻に出会うまで10年間

誰とも付き合わなかった。

正直、ちょっと寂しかったが、

それでも、今思い返すと、

 

本当に付き合いたいと

思った女性としか、

付き合いたくなかったのだと思う。

 

その結果…

俺は最高に理想通りの

女性と結婚することが

できた!!

 

もう、完璧である。

何も言うことはない。

 

恋愛に奥手だと、

恋愛経験があまり積めないかも

しれない。

しかし、何ら問題はない。

 

自分が本当に付き合いたくて、

一緒になりたい人と出会って、

存分に恋愛をすればいいのだ!!

 

俺は妻と付き合ってから、

それまで普通の人が

していたであろう、

王道のデートを

片っ端からしていった。

 

しかも、それらは大体

初めての体験が多く、

どれも本当に新鮮であった。

 

水族館に行く、

動物園に行く、

遊園地に行く、

植物園に行く、

ディズニーランドに行く、

旅行に行く

公園を歩く、

猫カフェに行く、

フクロウカフェに行く、

洞窟に行く、

野鳥園に行く、

映画を見る、

カフェでお茶をする、

 

などなど、ほとんどが

初めての体験だった!

しかし、どれも本当に

印象的で、素晴らしい恋愛を

することができた。

 

なので、奥手で恋愛経験が

少ないことは、恥じることではない。

 

あなたはきっと、

女性に対する基準が高い。

 

…か、そうでなかったとしても、

最終的に最高の女性に

出会えたら、途中はどうだって

いいではないか。

 

最高の相手に出会えるように、

自分を磨いていこう!

 

あ、言い忘れたが、

俺はミュージシャンなので、

不器用ながらも俺なりの

ラブソングを作った。

あなたと共感できるところが

あると思う。

良かったら、聴いてみてくれ。

女っ気の無い男のラブソング


関連ページ