部屋の片付けをすると、あなたの本当の人生が始まる

皆さんは普段、自分の部屋の片付けはうまくできていますか?

僕は以前、自室の片付けがなかなか出来ませんでした。

 

不要であるはずの書類、着なくなった衣服、読まなくなった書籍など、本当に沢山の不用品に囲まれて生活していました。

 

社会人になっても、学生時代から溜め込んだ不用品を処理しきれてなかったのです。

そして、仕事が忙しくなってくると、ますます片付けに手が回らなくなりました。

 

布団を引くスペースしか、有効に使えていない状況。

仕事の疲れと、部屋の散らかりで、心身ともに磨耗していました。

 

そんなとき藁をもすがる気持ちで、ある日コンビニで見つけた、一冊の片付けに関する本を手に取りました。

その本に書かれている片付け方を実践してみたところ、みるみる内に部屋がきれいに片付いたのです。

そして、片付けし終わってからは、多くの変化がありました。

 

そこで今回は、どのようにして片付けをしたか、その結果どのような変化があったのか、説明します。

 

物のジャンル別に片付ける

僕がコンビニで出会った本は、「人生がときめく片付けの魔法」(近藤麻理恵 著)という本です。

この本の著者である近藤麻理恵さんという方は「片付けコンサルタント」という、部屋の片付けのアドバイスを行うユニークな仕事をされています。

 

その本では、実体験に基づくとても分かりやすい片付け術が紹介されていました。

本を読みながら片付けを実践していくと、片付けが苦手だった僕でもどんどん部屋の片付けを進めることができました。

 

中でも面白かったのが、場所ごとに片づけをするのではなく、物のジャンルごとに片付け を行うという方法です。

 

普通は、まずこのエリアを片付けて、次にここを…というように場所ごとに片付けをしていくことが多いと思います。

 

しかしこの本では、物のジャンルごとに片付けを行った方が効率良く片付けを進めることが出来ると説明されていました。

具体的には、衣類、次に書籍といった具合に、部屋中にある同じジャンルの物をまとめて処理するというものです。

 

この方法をやってみたところ、片付けが苦手な僕でも、かなり効率良く行うことが出来ました。

 

ときめくものだけ、残す

片付けを行う前には、まず不要なものを徹底的に捨てます。

このとき、「何を残すか?」を判断するのはなかなか難しいです。

これからも使うかもしれない、もったいないから取っておこう、と思っているとなかなか物が減っていきません。

 

何を残すかの判断方法も、ユニークなやり方が紹介されていました。

 

それは、捨てるか判断する物をじっくりと眺めて、「心がときめくか」で決めるというものです。

この方法をやってみると、面白いことに判断に困るものでも、明確に捨てるか残すかを決めることが出来ました。

 

僕の場合、けっこう漫画本が多くて、何を捨てるのか迷っていました。

早速ときめくものを選んだところ、明確に残したいものがわかりました。

 

タイトルを紹介すると、「王ドロボウJING」「よつばと!」「風の谷のナウシカ」など…

見事にジャンルはバラバラなのですが、僕に影響を与えた思い出の作品達です。

 

心がときめくかで判断すると、本当に置いておきたいものだけ手元に残すことが出来ます。

 

気持ちがすっきりする

部屋の片付けは、仕事がかなり忙しく、土日に少しずつやっていきました。

そのため不要なものを処分して、部屋がすっきりするまで、1年半ほどかかりました。

 

すると、なんと大きなゴミ袋10袋以上の不用品が出てきました。自分でも驚きでした(笑)

これだけの量の不用品と毎日生活していたのか、と思うとちょっと恐ろしくなりました。

 

ようやく片付いた自分の部屋に眺めると、とても気分が晴れやかになりました。

以前は物だらけで、とても窮屈で気分も暗くなっていたのですが、部屋にいるだけでも楽しい気分になったのです。

 

そして、毎日の生活においてもわだかまりなく健やかに過ごせるようになりました。

不要なものを取り除くと、心の中も整理するので、気持ちがすっきりしました。

 

やりたいことが見えてくる

気持ちががすっきりしてくると、今度は自分がやりたかったことがはっきり見えてくるようになります。

そして、部屋がすっきり片付いたことにより、今までやりたくてもなかなか行動に移せなかったことがどんどん出来るようになりました。

 

それは僕の場合、音楽活動でした。

 

一番大きかったのは、自作の防音室の製作に取りかかることが出来たことです。

これには丸一週間作るのに時間がかかりました。

 

また、作った防音室は電話ボックスほどの大きさがあります。

しかし、部屋が片付いてスペースが出来たので、防音室を問題なく置くことが出来ました。

このように、部屋を片付けると不要なものが無くなり、自分に必要なものを取り入れることが出来ます。

 

やりたいことがすぐに出来るようになる

やりたいことがはっきり見えてくると、今度はどんどんそれをやってみたくなります。

僕の場合、防音室を作ったり、人生初のライブに出てみたりと、勇気がいるようなことをすぐにやれるようになりました。

 

今でも、思い立ったが吉日という感じで、物事にすぐに着手出来るようになりました。

 

以前の僕は、気づいたことがあっても、面倒くさがって後回しにすることがとても多かったです。

そんな僕が、部屋の片付けをすることで、かなり積極的に行動出来るように変われました。

 

まとめ

ここまで説明してきたように、部屋の片付けを本気ですると、自分のやりたかったことが見えてきます。

そして、人生が本当に楽しいものになります。

 

是非、あなたの部屋も、不要なものがあったら整理して楽しい人生をつかんでください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ