年の離れた姉がいる場合のメリット

皆さんは、兄弟がいますか?

僕には10歳と8歳、年の離れた姉が2人います。

 

兄弟って、大体2~3歳の違いであることが多いですよね。

僕のように、結構年が離れている人はけっこう少ないと思います。

しかし、実はいろいろなメリットがあるのです。

 

今回は、年が離れた姉がいる場合のメリットや、自分が感じたことについて説明します。

 

親の教育熱心が落ち着いて、ゆったり育てられる

僕の姉は、長女も次女も小さい頃、両親は30代で、けっこう教育熱心でした。

水泳教室・体操教室・ピアノ教室などなど、いろいろな教室に姉を通わせていたようです。

 

多くの習い事をすることで、様々な経験が出来るのはいいことかも知れません。

しかし、自分から進んでやっていたのではなかったようで、けっこうきつかったようです。

 

次女が生まれてから、8年経って僕が生まれました。

そして、僕が物心つく頃は両親は40代になっていました。

教育熱心ぶりもかなり落ち着いて、そこまであれこれさせるという感じでもなくなりました。

そして、やりたいことを伸び伸びさせるという方針になっていました。

 

そのおかげで、子どものころはあまり窮屈に感じることはありませんでした。

そのため、学校生活と遊びを充実することが出来ました。

 

特に僕の場合、非常に頑固で我が強い所があったので、小さいころは断固としてやりたくないことはやらない!と拒んでいました。

もし両親が、それでも強引に僕に何かをやらせていたとしたらその反動で、大人になったときちょっと心が歪んでしまったかもしれません。

そんな僕を思ってか、伸び伸びと育てていただいた両親に心から感謝しています。

 

姉に可愛がってもらえる

年の離れた姉が二人いることで、かなり可愛がってもらえたように思えます。

幼いころは、自分がおもちゃのようにされるくらい、かなり遊んでもらいました。

また、大きくなってからも、誕生日プレゼントをもらうこともありました。

 

とてもよ良くしてもらったので、今度は自分が誕生日プレゼントを渡すなど、喜んでもらえることもしていきたいなと思います。

 

相談をしにくい

逆に、困ったこともありました。

例えば受験の時など、兄弟に相談しようと思っても、なかなか相談がしにくかったということがあります。

 

自分が子どもの頃、8歳・10歳年上の姉は、既に大人という感じでした。

何か相談ごとをしたいと思ったときは、年の近い兄弟の方がずっと相談がしやすいと思います。

 

それは、自分が経験するであろうことをちょっと前にしているから、情報が新鮮だし、親近感をもって話が出来るからです。

 

年上が恋愛の対象にならない

これは人によって違うかもしれませんが、僕の場合年上の女性というと、「姉」をイメージしてしまうため、ほとんど恋愛対象になりませんでした。

 

普通は、家族に対して恋愛感情って沸かないと思います(特異な例もあると思いますが)。

逆に、自分が末っ子で妹がいなかったためか、年下の女性に対しての方が恋愛感情が沸きやすいです。

 

そんなわけで、僕は1つ年下の女性と結婚しました。

ときどき、妹のように見ることもあります(笑)

 

自分の家族構成が恋愛感覚にも影響してくると思うと、けっこう面白いですよね。

 

まとめ

ここまで述べてきたように、年上の兄弟がいると、いいことがあったり、自分の恋愛対象まで影響を与えたりすることがあります。

 

同じような家族構成の方がいたら、こんないいことがあった、恋愛対象がこんな感じになったなど、話の種になるかもしれません。

よかったら、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ