スノーボードはかっこいいし!僕が漫研でターンをマスター

皆さんは、スキーやスノーボードなど、ウインタースポーツは好きですか?

 

僕は、学生の頃にスノーボードを初めてやりました。

きっかけは、大学生の頃に所属していた漫画研究会の冬合宿です。

 

「えっ、漫研なのにスポーツやるの?」って突っ込みが来そうですが、僕が入っていたサークルは夏と冬にスポーツ合宿をやるのが恒例だったのです。

 

今回は、そんなきっかけで始めたスノーボードについて、僕の経験を交えてその魅力を伝えたいと思います。

 

漫研の合宿で鍛えたスノーボード

僕が所属していた漫画研究会は、サークルの親睦を深めるために年二回合宿をしていました。

合宿のメインはスポーツで、なんとほとんど漫画は描きませんでした。

でも、楽しかったのでとても良い思い出になっています。

 

僕は大学1年生から4年生のときまで、熱心に合宿に参加しました。

おかげで、基本的なスノーボードの滑り方はマスターできたのです。

 

スノーボードは、かっこいい

合宿ではスキーとスノーボード、どちらも自由に出来たのですが、僕は4年連続スノーボードをしました。

 

理由の1つは、かっこいいと思ったからです。

スノーボートはスキーと違い、ストックを持たないところがスマートに感じました。

また、僕は高校までサッカー部をやっていました。

そのため、主に足でボードをコントロールするスノーボードに興味を引かれました。

 

実は僕、高校生のときに両親や親戚の叔父さんとスキーをやったことがあったんです。

そのとき、なんと開始20分で大ゴケしてしまいました。

手を地面についてしまい、手にヒビが入ってしまったのです。

 

結局、両親と叔父さんもスキーを中断して病院に行くことに…。

 

そんな、ちょっとしたトラウマもあって、スキーは遠慮していたのです。

 

何度もこける

大学1年生で始めてチャレンジしたスノーボードですが、やはり何度も転びました。

 

中でも辛かったのが、お尻から転倒したときです。

本当に痛くて、その場で悶絶しました。

 

一番辛かったのは、ゲレンデの斜面に、お尻の片割れが引っ掛かったときです。

あまりの激痛に、「あぁっ痛い!!お尻が割れた!!!」と絶叫。まさに地獄でした。

すかさず友人から、「安心しろ!お尻は元々割れている!」と言われました(笑)

 

そのような、度重なる転倒の痛みを乗り越え、ようやくそれなりに滑られるようになったのです。

 

ターンがとても怖い

なんとか、転ぶことなく斜面を滑ることができるようになったのですが、どうしても出来ないことがありました。

 

それは、ターンです。

例えば、右向きに下っている途中で、体を180度方向転換して左向きに進むのです。

 

このとき、一瞬完全にボードが斜面に対して直角になります。

その瞬間がとても怖く、どうしてもターンが出来ませんでした。

 

しかし、慣れた人が軽快にターンをしながらザクザクと滑っていくのを見ると、自分も早く出来るようになりたいなと思いました。

 

ターンが出来るようになると、気持ちいい

冬合宿に3度参加してみるも、なかなかターンは出来るようになりませんでした。

 

しかし、4度目の参加で、ようやくターンが出来るようになったのです。

 

ターンが出来ると、ボードのコントロールがかなり出来るようになります。

そのため、自在にスピードを調節出来るようになりました。

 

そうなると、物凄く滑るのが楽しくなってきます。

 

自在にスピードを調節しながら、ときには直滑降で坂を下ります。

どんなにスピードを上げても、ちゃんと減速できるので怖くありません。

また、雪山の自然を感じながら、ゆったりと滑ることもできます。

 

さらなるレベルアップも出来る

僕は恐ろしくてやったことは無いのですが、ゲレンデにはハーフパイプという場所もあります。

ハーフパイプは、冬季オリンピックの競技にもなっていますね。

 

その名の通り、パイプを半分にカットしたような半円の筒のようなところです。

中級者以上になると、これに挑戦する人もいます。

 

しかし、ハーフパイプに挑戦しようとしてみましたが、最初からいきなり崖です。

生半可なレベルでやると、大ケガしてしまうと感じやめました。

 

スノーボードは、ちょっと出来るようになると難しい滑り方をしてしまったり、上級者コースに入ったりしてしまう人もいるようです。

しかし、それは大ケガの元になってしまいます。

そのため、あくまで十分に経験を積んだ上でトライするのがいいです。

 

まとめ

ここまで説明してきたように、スノーボードには魅力がいっぱいです。

 

ターンが出来るようになるのが1つの関門ですが、これが出来るようになると一気に自由になります。

是非、チャレンジしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがうとうございました。


関連ページ