テレビを見ない生活で、毎日を充実させよう

皆さんは、1日にどれくらいテレビを見ていますか?

人それぞれ違うとは思いますが、例えば食事中につけていたりすると、1日1時間以上見ていることもあるかと思います。

 

僕は小さいころから、本当によくテレビを見ていました。

毎日、2時間以上は見ていたんじゃないかと思います。

 

そんな僕ですが、結婚してしばらくしてから、ほとんどテレビを見なくなりました。

それは主に、妻と話す時間を増やしたいと思ったからです。

 

僕はそれまで、「テレビが無い生活なんか考えられない」と思っていました。

しかしテレビを見ないようにしてから、いろいろと良いことがあったり、気づくことがあったのです。

 

そこで今回は、テレビを見ないことによるいろいろなメリットを説明したいと思います。

 

テレビを見なくなったきっかけ

僕がテレビを見なくなったのは、主に妻との会話時間を増やそうと思ったからです。

 

元々、出勤前の朝食時や、夕食を食べている間はずっとテレビをつけていました。

テレビを見ていると、楽しいのはいいのですが、必然的に夫婦の会話時間が減ってしまいます。

 

もちろん、テレビ番組の内容について会話することはあります。

しかし、例えば仕事の調子など、お互いのことについて話しにくくなります。

 

テレビを見なくなってから、妻との会話時間は毎日3時間以上に

テレビを見なくなると、家にいる間は必然的に妻と話すようになりました。

 

朝の出勤前の1時間や、帰宅後寝る前の2~3時間何かしらの会話をするようになりました。

そのため、毎日3時間以上は話をしていることになります。

 

そうすると、仕事に行く前は「お互い今日もがんばろう」と気持ちを上げることができます。

また、仕事から帰ってからは、今日はどんなことがあったか話すことができます。

仕事で、良いことがあればそれを分かち合うことができます。

また、嫌なことがあっても話せば発散することができます。

 

そうすることで、ストレスを溜めることなく、毎日健やかに過ごせるようになったと思います。

 

テレビを見ないと料理の味を楽しむことができる

テレビを見なくなったのは、他にも理由があります。

それは、妻が作ってくれる料理をより味わいたいと思ったからです。

 

食事中にテレビを見ていると、そちらに意識が行く分、料理の味が十分に感じられなくなります。

また、人間は周囲で音が鳴っているとき、味覚が鈍感になるようです。

そのことがよくわかるのが、飛行機の機内食です。

 

実は機内食は、普通の食べ物のより味が濃いめになっているそうです。

飛行機は飛んでいる間、エンジン音や空気を切る音などで大きな音が出ます。

その音の影響で、味付けが薄く感じてしまいます。このため、機内食の味付けは濃いめになっているのです。

 

食事中にテレビをつけないようになってから、以前よりも料理の味を楽しむことができました。

毎日「今日も本当に美味しいね!」と心から妻に声をかけることが出来るので、夫婦の関係がとても良くなりました。

 

テレビを見ないと、自由な時間が増える

テレビを見ていると、ついつい次の番組も見てしまって、気づけば何時間も見てしまいます。

そうすると、主体的に何かをしたりする時間は少なくなって、自由時間が減ってしまいます。

 

僕の場合、テレビを見なくなって、例えばこのような記事を書くなど、時間を作ることが出来るようになりました。

 

自由に思考できるようになる

テレビを見ていると、様々なCMが流れます。

CMというのは、要は「この商品を買ってください」というメッセージです。

そのため、知らず知らずのうちに宣伝されている商品のことが頭に入ってきてしまいます。

 

また、ある番組が終わったら、次の番組の予告が流れていることも多いです。

そして、「見ようかな」という気持ちにさせられます。

 

このようなことから、テレビをつけているとどんどん情報が勝手に流れてきます。

そして、自由に考え事をすることも難しくなっていきます。

 

僕はテレビを見なくなってから、妻と毎日の様に将来の暮らしの展望について話すようになりました。

二人がそれぞれ、やってみたいことを語り合うので、本当に毎日の会話は楽しいです。

 

悪いニュースをダイレクトに見なくてすむ

テレビを見ていると、様々な事件や事故の報道を目にすることがあります。

良いニュースであれば良いのですが、悪いニュースはテレビでダイレクトに受けとると、気持ちに悪い影響を与えてしまいます。

 

テレビではなく、新聞やインターネットなど、文字中心のメディアであれば、音と映像が流れるテレビよりも影響を受けづらくなります。

 

ニュースや流行に疎くなる

テレビを見ないデメリットとしては、ニュースや流行に疎くなることです。

ただし、テレビを見なくてもインターネットの各種ニュース記事を読むことで、新しい情報を取り入れることが出来ます。

 

まとめ

ここまで紹介してきたように、テレビを見ない生活を始めると、様々なメリットがあります。

 

もちろん、全く見ない様にする必要は無いかもしれません。

しかし、少なくともテレビに振り回されるような生活にならない方が、充実した毎日を送れるのではないかと思います。

是非、試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ