プロジェクターでお手軽ホームシアターを作る方法

皆さんは、ホームシアターをやったことはありますか?

ホームシアターは、映画館で見るように、自宅で迫力のある映像や音声を楽しめるものです。

 

しかし、本格的な設備を用意しようとすると、かなりお金がかかってしまいます。

また、大きなスピーカーなどは、部屋のスペースが少ないと、場所をとってしまいます。

 

ただし、工夫すれば費用を抑えることができます。

また、機材もかなりコンパクトにすることもできます。

 

今回は、僕が自宅でやっているお手軽ホームシアターの作り方について説明します。

 

ホームシアターに必要なもの

ホームシアターをするために必要なものは、主に下記の2点です。

・大画面のスクリーン

・音響設備

 

大画面のスクリーンを実現するためには、壁面に映像を投影できるプロジェクターと、スクリーンがあれば良いです。

大きなテレビであってもいいのですが、かなり費用がかさんでしまうため、ここでは述べません。

 

音響設備は、本格的なスピーカーを購入する場合、やはりお金がかさみます。

 

そこでオススメなのが、外部入力が出来るCDプレーヤーです。

自宅のCDプレーヤー

12万円程度のものでも、けっこういい音が出せます。

 

しかもこれなら、音楽を聞くために元々家にある場合があります。

僕の場合は、既に家にあるCDプレーヤーが使えたので、新たにスピーカーを購入する必要がありませんでした。

 

プロジェクターは短焦点型がオススメ

大画面を写し出すにはプロジェクターが必要になります。

ここでオススメなのは、短焦点プロジェクターです。

 

僕が購入した短焦点プロジェクター

短焦点プロジェクターとは、壁との距離がかなり近くても映写が出来るものです。

通常のプロジェクターであれば、壁との距離を1メートル以上離さなければ大きな画面を写すことができません。

 

しかし、短焦点プロジェクターであれば、壁との距離が10cm以下であっても大画面で写し出すことができます。

これによって、小さな部屋でなくても大画面を楽しむことができます。

 

僕は、ネット通販で6万円代のものがあったので購入しました。

電気屋さんでは売っていない場合があるので、ネット通販で購入する方が確実と思います。

 

スクリーンを用意する

プロジェクターを用意した後は、スクリーンを準備する必要があります。

 

スクリーンについては、本格的なものであれば12万円で購入できます。

しかし、実は工夫すれば、1000円以下で同様の設備を作ることができます。

 

用意するのは、以下の2点です。

・大きな白い布(700円程度)

・棒2(200円程度)

 

大きな布の端に、細長い棒を巻き付けて吊り下げます。

こうすることで、スクリーンの機能を果たすことができます。

 

白い布をつるしただけでスクリーンに!

大きな白い布は、手芸店にいけば手に入ります。

僕は、150cmの幅の布を170cm購入しました。価格は700円程度でした。

シワがつきにくい生地を選ぶといいと思います。

 

棒は、100円ショップにある、緑色の園芸用の支柱を購入しました。

長さが150cmの、布の幅と丁度あっているものを選びました。

 

配線図

 配線図は、上記のようになっています。

 

プロジェクターとパソコンは、HDMIケーブルというもので接続しています。

HDMIケーブルは、映像と音声を一本の線で送ることができるコードです。

これによって、パソコンで再生した映画の映像と音声をプロジェクターに送ります。

 

続いて、プロジェクターとラジカセをオーディオケーブルで繋ぎます。

こちらはステレオステレオミニプラグといって、通常の音楽プレーヤーで使用されている端子が両端についているものです。

 

HDMIケーブルやステレオミニプラグのケーブルは、電気店で売っています。

僕の場合、どちらも通信販売で購入しました。

 

上映の様子

最後に、実際の上映の様子です。

スタジオジブリ作品の「耳をすませば」。

(僕大好きなんですよね~)

 

色がきれいに映っています。

 

細かい街の景色もしっかり見えました!

 

こちらは、「シン・ゴジラ」 

 

ビ~~~~ム!!!すごい迫力です!

 

まとめ

ここまで説明してきたように、やり方次第で手軽にホームシアターを行うことができます。

 

思いのほか迫力が出せるので、よかったら是非、試してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ