DTMのミックスのコツ!楽器の音を聞き取りやすくする方法とは?

パソコンで音楽製作を行うDTMにおいて、複数の楽器を同時に鳴らしていると、それぞれの音が聞き取りにくくなることがあります。

最終的な曲に仕上げていく「ミックス」工程で、それを改善することはできますが、最初はどのようにすればいいか分からないと思います。

 

僕もDTMをし始めた頃、複数の楽器がごちゃごちゃと混ざってしまっていました。

そこで、一緒に活動していた友人のアドバイスを聞いたり、より聞き取りやすくする方法をインターネットで調べたりしました。

そして、現在では、複数の楽器があっても、それぞれの音がクリアに聞こえるように出来るようになりました。

 

そこで今回は、楽器の音を聴きやすくして、楽曲のクオリティをアップさせる方法について説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

楽器の音が聞き取りにくくなる原因

そもそも、なぜ一つ一つの楽器の音が聞き取りづらくなるのでしょうか。

様々あると思いますが、主な原因としては下記の2点です。

・各楽器の音が、同じ場所から鳴っている

・各楽器の音の周波数が被っている

これらの対策について、説明します。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

各楽器の音が、同じ場所から鳴っている

一箇所に集中してるよ!

これは、各楽器の音が同じ場所から鳴っていて、聞き分けがしづらくなっているということです。

つまりバンドであれば、メンバーが全員一ヶ所に集まって、ぎゅうぎゅうの状態で歌唱や演奏をしているような状態です。

ギター・ベース・ドラムというバンドに例えるならば、ギターアンプも、ベースアンプも、ドラムも同じ場所に設置されているという状態です。

 

このように、音が一ヶ所に集まってしまうと、音がごちゃ混ぜに聞こえてしまいます。

また、このような状態は通常ありえません。

よって、自然な聴こえ方にならないのです。

 

ギターアンプ、ベースアンプ、ドラムは実際のライブでは、それぞれきちんと離れています。

そのため、ライブ会場では、自然な演奏として聴きとりやすくなります。

 

DTMでも、各楽器の音が発せられる場所が適切に離れているようにすれば、別々の音として聞き取りやすくなります。

そして、より自然な音として聴くことができます。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

楽器毎に前後左右の位置を決める

立ち位置を決めよう

そこで、各楽器の「パン設定」と「音量調整」を行い、楽器毎に前後左右の場所を決めてあげます。

 

「パン設定」は、楽器の左右の位置を決めるパラメータです。

音量調整は、楽器の音の大きさです。

音を小さくすれば、遠くから聞こえる様に聞こえます。

逆に、音を大きくすれば近くでなっているように聞こえます。

このように、音量調整をすることで、前後の位置を決めることが出来ます。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

各楽器の音の周波数が被っている

楽器の音が聞き取りずらくなるもう1つの原因は、各楽器の音の周波数が被っているというものです。

 

周波数とは、1秒間に波が何回振動するかを表すものです。

音は、空気が振動して伝わる現象です。

音の周波数とは、「空気が1秒間に何回振動しているか」を表すものです。

この周波数が高いほど、空気が激しく振動していることになります。

 

人が耳で聞くと、振動数が高い音の方が、より音程が高い音として聞こえます。

つまり、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」と音階が上がるごとに、周波数が上がっていきます。

 

このように、音階によって周波数は変わってきますが、同じように楽器によっても周波数は変わってきます。

 

例えば、ベースはギターに比べて低い音を出す楽器です。

そのため、ベースが出す音の周波数は、ギターが出す音より全体的に低くなります。

つまり楽器毎に、大体どの辺りの周波数を出すかというものが決まっています。

そして、周波数が近い楽器が同時になっている場合、それらの楽器の音は聞き取りずらくなります。

 

例えば、ピアノとギターとベースがそれぞれ演奏されていれば、3つの楽器の音がよく聞こえると思います。

それぞれの楽器が主に発する周波数が、異なっているからです。

 

これが、もし全部ベースだったとしたら、ごちゃごちゃした音になって聞き取りにくくなると思います。

これは、似通った周波数の楽器が同時に演奏されているからです。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

楽器それぞれの周波数を決める

そこで、それぞれの楽器から出る音が、別々の周波数でうまく住み分け出来るようにします。

 

楽器ごとに音の周波数が違うので、何もしなくてもある程度住み分けは出来ています。

しかし、それでも他の楽器と周波数が被る部分が出てくることがあります。

そのため、周波数が被ってしまう不要な所を削ぎ落とす必要があります。

 

そのために重要な機能が、「イコライザ」というエフェクターです。

イコライザを使うと、楽器の音のうち、余分な周波数の音を削ぎ落とすことが出来ます。

これによって、楽器ごとにうまく周波数の住み分けをすることが出来ます。

無料:DTM作曲のすべてを解説した全15回・合計6時間21分の動画講座を受け取る

まとめ

ここまで説明してきたように、曲の中でそれぞれの楽器の音を聞き取りやすくするには、以下のことを意識するとのが良いです。

・パン設定と音量設定によって、楽器の位置を前後左右に分散させる

・イコライザを使って、楽器毎に周波数の住み分けを行う

 

これらのことを意識すれば、楽器一つ一つの音がクリアに聴こえるようになります。

そして、楽曲のクオリティはグッと上がっていきます。

 

是非、試して見てください。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ