ノートパソコン/ノートPCでDTM作曲/音楽製作をするメリット

DTMをするパソコンを選ぶとき、デスクトップパソコン(以下、デスクトップPC)かノートパソコン(以下、ノートPC)にするかで迷いますよね。

僕も最初、どちらの方がいいのか分かりませんでした。

しかし、いろいろ考えた末、ノートPCを使うことにしました。

そして、現在まで何年も、快適に作曲ができています。

そこで今回は、僕がDTMでノートPCを使っている理由やメリットについて説明します。

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

デスクトップPCとノートPCの違い

まず、一般的に言われているデスクトップPCとノートPCの違いについて説明します。

多くの場合、デスクトップPCの方が性能がいいと言われています。

 

コンピュータは、処理を行うほどに内部で熱を発します。

内部が高温になりすぎると、オーバーヒートしてパソコンが壊れてしまいます。

そのため、必ずパソコンには冷却装置が組み込まれています。

デスクトップPCの方が、ノートPCより内部に多くのスペースを取ることができます。

そのため、冷却装置もノートPCより充実させることができます。

 

冷却効率が良い方が、その分負荷のかかる処理を行っても発熱しにくいです。

そのため、一般的にデスクトップPCの方がノートPCよりも高い処理能力を実現できます。

要は、小型で持ち運びできるか、高い処理性能を取るかという感じですね。

 

しかし、近年のノートPCは、デスクトップPC様に高い性能を持つようになってきました。

そのため、どちらを選ぶかは、もはや本人の好みになってきていると言えます。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

DTMでノートPCを使っている理由

僕は、ノートPCを使ってDTMをしています。

元々、パソコンはノートPCにしていたので、その流れで使っている感じです。

ただ、DTMをやるためにパソコンを買い直しましたが、やはりノートPCにしました。

持ち運びが簡単

ノートPCは、持ち運びができるのが何と言っても強みです。

デスクトップPCの場合、一度設置すると簡単に動かすことができません。

しかし、ノートPCなら、自宅や外出先、至るところで作業をすることができます。

自宅でも別部屋に移動しても、作業をすることができます。

 

持ち運びが簡単なので、僕はいい曲ができると、すぐに台所で料理をしている妻の所にパソコンを持って聞かせにいくことがあります。

「聴いて、聴いてー!」って(笑)

何とも、子供の様ですね(笑)

パソコン周りの配線がスッキリする

また、デスクトップPCほど配線を必要としないのです。

そのため、コンパクトにすっきり使えるのも気に入っています。

僕は、コードレスのマウスを使っています。

そのため、基本的にノートPCには電源コードが繋がっているだけです。

なので、パソコン周りの配線がスッキリして、頭もクリアになってきます。

フィーリング

あとは、「何となくしっくりくるから」という理由でノートPCを使っています。

感覚的に、ピンと来るかどうかというのも、判断材料としては大切です。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

DTMでノートPCを使うメリット

DTMでノートPCを使うメリットとしては、やはり持ち運びができる点です。

ミュージシャンであれば、ライブで自分のパソコンを使って音楽を流すことができます。

 

僕の知り合いのミュージシャンは、DTMで作った曲をパソコンで流しながら、ライブで歌を歌っていました。

ライブハウスでは、自分の歌声にエコーをかけるなど、PAと呼ばれる音響を調整する担当者にしてもらうことができます。

しかし、ノートPCを持っていけば、様々な音響効果を自分でかけることができます。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る)

パソコンのスペックの注意する

ただ、DTMでは、リアルタイムに音を処理するため、ある程度性能の高いパソコンである必要があります。

そのため、僕は最初、ノートPCではなく、デスクトップPCにしようかとも思いました。

 

しかし、パソコンに詳しい友人に訪ねたところ、ノートPCでも十分な性能を持っているものがあることが分かりました。

また、以前通っていたDTMスクールの講師の方も、ノートPCを使ってDTMをされていました。

そのため、きちんとした性能のものを選べば、問題なくDTMをすることができます。

実際、僕もノートPCで何年も問題なくDTMができています。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

まとめ

ここまで説明してきたように、ノートPCでも問題なくDTMをすることができます。

ノートPCは持ち運びもでき、コンパクトに使えるのでオススメです。

是非、検討してみてください。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ