間奏の作り方や、作曲するための3つのパターンとは?

歌のある曲をするとき、1番と2番の間などの間奏ってどう作ったらいいか、最初はよく分からないと思います。

僕も、作曲を始めたときは、よく分からず、試行錯誤しながらやっていました。

しかし、これまで何曲も作ったり、有名曲を参考にしたりする中で、間奏の作曲パターンがあることに気がつきました。

そして、作りやすい方法と作りにくい方法があることも分かったのです。

そこで今回は、間奏を作曲するための代表的な3つのパターンや、作りやすい方法について紹介します。

 

↓記事の内容を、動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押して、ご覧ください。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

パターン1:イントロを流用する

まず最初に紹介するのは、イントロを流用するというものです。

イントロは間奏と同じく、歌が無い部分です。

そのため、そのまま流用しても自然に使うことができる場合があります。

実際、プロの作品でも、イントロとほとんど同じものが間奏に用いられていることが多いです。

僕もかなりの割合で、この方法で間奏を作っています。

何と言っても、イントロを流用すればいいので楽だからです(笑)

なので、この方法はとてもオススメです。

 

ただ、これは先にイントロが出来ている必要があります。

イントロの作り方については、下記の記事に詳しくまとめていますので、是非こちらもご覧ください。

「イントロを作曲するときに役立つ作り方の4パターンとは?」

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

パターン2:歌のメロディを使う

次に紹介するのは、歌のメロディを使う方法です。

多くのポピュラーソングでは、イントロで曲が始まった後、歌が始まります。

歌は、Aメロ→Bメロ→サビという構成になっているのが一般的です。

歌い始めのAメロから、曲調が変わるBメロを経て、最も盛り上がるサビに繋がる流れです。

 

この、AメロやBメロ、サビのどれかメロディを利用して間奏を作ることができます。

ただ、間奏は1番と2番の間など、あまり長い時間は演奏されません。

そのため、AメロやBメロの、サビのメロディの最初の方を使って、短い時間で終わるものにアレンジされることが多いです。

 

イントロを流用するよりも、少しアレンジを加える必要がありますので、この方法は間奏作りに慣れてきたら試してみるといいです。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

パターン3:全く新しいメロディを作る

これまで紹介した方法は、イントロや歌のメロディなど、すでに出来上がっているものを基に作る方法でした。

もし、作曲に慣れてきたら、イントロや歌で使われていない、全く新しいメロディを作ってみるのもありです。

ただ、これはメロディ作りの引き出しが頭の中に増えてきてからやってみるのをオススメします。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

上手く作れなかったら

これまで説明した方法でも、どうしてもしっくり来る間奏が作れない場合…

そんなときは、思いきって間奏を作らないというのも手です。

「そんなのアリ!?」と思われるかもしれません。

しかし、意外と有名な曲でも、1番が終わってそのまま2番が始まるという構成は存在します。

このような方法も頭に入れておくと、作品作りが滞らずに済むようになります。

無料:DTM作曲するための全てを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

まとめ

ここまで説明してきたように、間奏を作るにはいくつかのパターンがあります。

やりやすいパターンから、少しずつ慣れていくといいです。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ