ベースの耳コピにも!超おすすめのイヤホン「SHURE SE535」とは?

ベースの聴き取りなど、正確な耳コピをするときには、イヤホンやヘッドホンの機材が充実している必要があります。

なぜなら、安価なイヤホンやヘッドホンでは、低音がきちんと聴こえないからです。

ただ、どんなものを選べばいいのかよく分からないですよね。

僕も、耳コピをし始めたときは、市販の携帯音楽プレーヤーの付属イヤホンを使っていたくらいでよく分かりませんでした。

しかし、現在は色々なイヤホンを吟味した上で、極めて耳コピに有効なものを見つけることができました。

そこで今回は、実際に耳コピのスキルを活かしてアレンジや作曲指導の仕事をしている僕が、何年も愛用している「SHURE SE535」について詳しく紹介します・

超オススメイヤホン「SHURE SE535」

「SHURE SE 535(以下SE535)」は、海外の音楽機器メーカー「SHURE(シュア)」が販売している高性能イヤホンです。

SE535との出会いは、秋葉原のヨドバシカメラでした。

ヨドバシカメラは、音響機器のラインナップが非常に充実しています。

僕は実際に携帯音楽プレーヤーを持って行って、数々のイヤホンを視聴してみました。

個人の好みもあると思いますが、僕は数あるイヤホンの中で、SE535が最も自然に美しく曲を聴くことができると判断し購入しました。

その後、何年も仕事でも鑑賞用でも愛用していますが、購入した判断は間違っていなかったと感じています。

無料:耳コピの詳しい説明や、パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

3つの超オススメポイント

以下、僕が実際に何年も使ってみて感じた、SE535の超オススメポイントについて紹介します。

低音から高音まで、万遍なく聴こえる

SE535は、ベースやバスドラムなどの低い音から、シンバルや高い音が鳴る楽器の繊細な音まで、幅広く鮮明に再生することができます。

僕は、初めてヨドバシカメラで視聴したとき、それまで使っていたイヤホンではほとんど聞き取れなかった、ハードロックの中にかすかに聞こえるハープ系の音が聴こえてきて感動したのを鮮明に覚えています。

「こんな音が鳴っていたんだ!!すげぇ!」と、お店で一人で感激していました(笑)

また、もちろん低音のベースの音もしっかりと鮮明に聴こえるので、耳コピの時は極めて重宝しています。

遮音性が高く、聴き取りに集中できる

SE535は、イヤーパッドという耳にはめる部分がムニムニしているので、耳の穴にミラクルフィットします。

これによって、一たび音楽を鳴らすと、一切外部の音は聴こえなくなります!

このため、極めて音楽に集中することができ、耳コピがめちゃくちゃはかどります。

もうほんと、外の世界と完全に隔離されて、自分だけの音楽の世界に没入してしまうほどです。

また、逆に他に人にはイヤホンの音漏れが全くないので、電車の中でマックス音量で聴いていても一切迷惑をかけることがありません。

以前、電車内でイヤホンで音楽を聴いていたら、音漏れしていることに気づかず、そばにいた人から1分ほど鬼のように睨まれたことがありました。(めっちゃ怖かった…)

SE535ではそのようなことは起こりえないので、そういう意味でも安心です。

ただ、外の音がほとんど聞こえなくなるので、家で聴いていると家族に話しかけられても気が付かず、「超無視してくるんだけど」などと言われかねないので注意しましょう(笑)

無料:耳コピの詳しい説明や、パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

モニター用と観賞用どっちにも使える

このように、低音から高音まで幅広く聴くことができるため、自分が作った曲をチェックするための「モニター用」としても超活躍します。

また、SE535の良い所は、再生する音を極めて自然に、美しくすべての音を再生するということです。

 

他のイヤホンやヘッドホンでは、モノによっては低音や高音を強調して派手に聴かせるものもあります。

もちろん、それはそれで環境用としてはいいです。

ただ、そのようなイヤホンやヘッドホンで良い感じに聴こえても、他の再生環境では低音や高音が強調されず、貧弱な音に聴こえてしまう場合があります。

 

その一方、SE535では、モニター用としても鑑賞用としても、十二分に使うことができます。

実際、僕は仕事でもいつも使っているし、鑑賞用としても問題無く使えています。

本当に超オススメのイヤホンです!!

ただ、価格としては5万円前後と、けっこうな高額になりますので、本当に大切に長く使っていくつもりで購入されるといいです。

無料:耳コピの詳しい説明や、パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

耳コピの実例

以下の動画は、実際にSE535を使って耳コピをした曲について紹介したものです。

僕が作曲に興味を持つきっかけとなった音楽ゲーム「beatmaniaIIDX 4th style」より、「ABSOLUTE」という曲を耳コピしました。

この曲は高校生ときに、普通にイヤホンで耳コピするも断念し、10年以上経って再挑戦してほぼ完コピできました。

(当時はイヤホンというより、自分自身の技術が追い付いてなかったんですけどね(^^;))

無料:耳コピの詳しい説明や、パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る

まとめ

今回は、ベースの耳コピにも使える超オススメイヤホン「SHURE SE535」を紹介しました。

イヤホンやヘッドホンは使用者の好みによるので一概には言えませんが、それでも極めて高性能でオススメの一品となっています。

電気店に行ったときは、試しに携帯音楽プレーヤーにつないで聴いてみるといいです。

 

僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。

ただ、記事数は200を超える量となっています。

そこで、

僕のサイトに載っている知識やテクニックを、順番に見ていくだけで学ぶことができる

DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。

 

5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。

僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。

そのため、一切経験がない方でも安心して見ることができる内容になっています。

作曲に興味をお持ちでしたら、是非チェックしてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連ページ